派遣事務の仕事内容は事務未経験にこそオススメ♪

派遣事務の仕事内容は未経験でも出来る


 

派遣事務は仕事内容が簡単♪だから未経験でもできちゃう

 

経験なしスキルなしだったので、私なんかが派遣事務のお仕事できるのかなって不安でした。

 

でも、働いてみると派遣事務のお仕事は思った以上に簡単だってことがわかったんです。

 

派遣事務は単純作業がメインなので未経験歓迎の仕事が多い

 

私がやっているお仕事はパソコン作業と電話対応と書類整理の3つです。

 

事務で難しいと言われているのがパソコン作業がメインなのですが、やってみると単純作業で簡単なお仕事でした。

 

例えば、私の午前中のお仕事は前日の店舗の売上をパソコンに入力していくことです。

 

店舗数が100店舗以上あるので、時間はかかるのですが紙に書いてある数字を入力するだけなので、電卓で足し算ができれば出来てしまうお仕事ですよね。

 

このような時間はかかるけど単純な作業が派遣事務のメイン業務なんですよ。

 

だから、派遣事務には未経験歓迎のお仕事が多いんですよ♪

 

文字が入力できればOKのお仕事も多数

 

このようにパソコンに入力できてしまえばできるお仕事っていっぱいあるんです。

 

私の派遣ママ友なんかは通販で申込みをしてきた人の住所や名前を入力するのがメインでやっている人もいますよ。

 

インターネットで映画の時間を調べられる程度のスキルで出来るお仕事はたくさんあるので安心してくださいね♪

 

もちろん派遣事務には力仕事はない

 

年齢を重ねてても仕事ができるように事務を選んだのに力仕事がたくさんあって腰を痛める、なんてことがあったらイヤですよね。

 

でも、派遣事務には力仕事がないので大丈夫ですよ。

 

重い郵便物などはもちろん男性社員がやってくれますよ。

 

電話対応がないデータ入力がメインの派遣事務もある

 

私の周りに電話対応に苦手意識を持っている子も多いんです。

 

そんな電話対応が不要な派遣事務もあるんですよ!

 

パートと違って会社のことをなんでもやる必要はなく、あらかじめ決められたお仕事だけやればいいのも派遣事務の特徴なんです。

 

なので、電話対応のないよお仕事を選ぶことによって、電話対応が不要な事務のお仕事をやることができるんですよ♪

 

簡単なお仕事が多いと評判のテンプスタッフの登録(無料)

 

OA事務(一般事務)とは?

 

一般事務の中でも「OA事務」という仕事を聞いたことがある方も多いと思います。

 

「OA事務って何?」と疑問に思う方もいると思いますが、OA事務は「Office Automation」の略で、パソコンスキルを活かしたお仕事が中心の事務のことをいいます。

 

WordやExcelといったパソコンソフトを主に使ってお仕事をする事務職がOA事務なんですね。

 

OA事務と一般事務の違いとは?

 

OA事務と一般事務の違いとはどういったところでしょうか。

 

最近では一般事務でもWordやExcelといったパソコンソフトを使った事務業務が多いことから、その区別はあまりされなくなっているようです。

 

OA事務と一般事務の違いはない

 

昔はOA事務と一般事務のお仕事を分けて考えられていました。

 

パソコンを使った業務を主に行う事務をOA事務、ファイリングなどのパソコンをあまり使わない仕事を主に行う事務を一般事務と呼んでいたそうです。

 

しかし、近年ではパソコンが一般的に普及してきたことで、一般事務でも仕事でパソコンを使うようになってきたこともあり、この区別はなくなってきています。

 

OA事務と営業事務の違い

 

営業事務は主に営業担当者のサポートを行う業務を行います。

 

営業に必要な見積書、請求書作成から、データ入力、会議資料作成、顧客とのやり取りなどがあります。

 

OA事務は主に社内向けの事務作業を行うのに対し、営業事務は営業担当者のサポートという業務であることから、社外向けの業務を行うこともあるお仕事です。

 

OA事務とOAオペレーターの違い

 

OA事務の他にOAオペレーターというお仕事を聞いたことがある方もいると思いますが、OA事務とはどのように違うのでしょうか。

 

OAオペレーターはパソコンを使ったデータ入力の専門家といった位置づけになり、OA事務ではWord、Excelといったパソコンソフトを使ってデータ入力や資料作成を行うのに加え、OAオペレーターはより高度なスキルを用いてデータ入力を行うお仕事です。

 

関数やマクロといったExcelで使う高度な機能を駆使したり、DTPソフトなどの専門ソフトを使ってお仕事をすることもあります。

 

覚えることも多いお仕事なので、未経験で始めた方や、実際に業務でやってみると覚えるのが大変、と感じる人も多いようですが、身につくスキルは一般事務やOA事務に比べ、今後のステップアップに繋がりやすいものになるので収穫の多い職種といえます。

 

OA事務とデータ入力の違い

 

事務職の中でも「データ入力」というお仕事があるのをご存知の方の多いと思いますが、実際にはOA事務とどう違うのかと疑問に感じる面もあります。

 

データ入力のお仕事でOA事務と異なる面は、「文字や数字、英文、和文をひたすら入力していく」お仕事であることです。

 

就業先によっては入力以外にもExcelの関数を使った作業やAccessというデータベースソフトなどを使ってOAオペレーターと同様の業務を行うこともあります。

 

業務範囲はどのくらいか予め確認しておくことが必要です。

 

データ入力のお仕事は「データを入力するだけ」と簡単そうに思いがちですが、データ入力のお仕事は「正確に」「スピード性重視」と「ただ入力していくだけ」ではなく、正確性と速さが求められるお仕事です。

 

タイピングの正確性・速さに自信のある方に向いているお仕事です。

 

OA事務(一般事務職)の具体的な仕事内容

 

OA事務(一般事務)のお仕事はどういったものなのか具体的に知りたい!という方のために、ここでOA事務(一般事務)のお仕事についてみていきたいと思います。

 

OA事務(一般事務)のお仕事

 

資料作成
電話応対
メール対応
ファイリング
来客応対

 

主な仕事内容はこういったものがあります。

 

資料作成は一言で「資料作成」といっても、社内向けの資料にも様々な種類の書類があるので、いろんな種類の資料作成を行います。

 

メール対応はいつも自分がやっているメールとは異なり、「ビジネス」で使うメールなので、社会人としてのマナーのあるメールのやり取りが必要になります。

 

また、企業で働くうえで気になるのは「電話応対」という方も多いと思います。

 

電話応対には3つのステップがあり、

 

取り次ぎ(社内の誰かにかかってきた電話を受けて渡す)

 

不在時(社内の誰かにかかってきた電話をいったん受けて引き継ぐ)

 

折り返し時(社内の誰かにかかってきた電話をその人が電話中などで取り次げない場合にかけなおすと伝える)

 

の対応があります。

 

電話対応は「声を意識」する

 

電話応対は会社の「顔」となるものでもあるので、電話に出るときは「声の表情」を意識して取るようにしましょう。

 

電話で開口一番暗い印象の声で取ってしまうと、取引からの印象もあまり良くありません。

 

電話を取るときはそういったことも意識するようにしたいですね。

 

メモを取る

 

慌てているとつい忘れがちなことですが、メモを取ることはとても大事なことなので、電話が鳴ったらまずメモ用紙と筆記具を用意するくらいの心持ちでいるといいでしょう。

 

「誰から?」という問いかけに「えっと・・・」と詰まってしまうと、電話を取り次がれる人も誰かの電話か分からず不便をかけてしまいます。

 

新人社員ならよくあることですが、こういったことを避けるためにもメモを取ることを忘れないようにしましょう。

 

電話番号や不安があるときは復唱する

 

電話応対で心がけたいことの1つに「復唱する」ということがあります。

 

電話を受けても取り次ぎ先の人が不在の場合は「かけなおします」とこちらからかけなおすように電話番号を聞いておく必要がありますが、番号が間違っているとかけなおすことができないので担当者に迷惑をかけてしまいます。

 

こういったことをなるべく起こさないように、電話番号は復唱する、また要件を聞いたときは簡潔に「〇〇の件ですね」など、聞いた内容に不安があるときは復唱するといった姿勢も大切にしたいです。

 

こうすることで伝達ミスを防ぐことができるので、メモはしっかりと取るようにしましょう。

 

まずは「見て覚える」

 

他の同僚や先輩の電話応対の様子を見て習得することも1つの手段です。

 

「こんな言い方があるんだ」「こういうときはこう言うんだな」と、見て聞いているだけでも電話応対の方法を習得することができます。

 

これは実務で実際に行っていることをそのまま吸収できるのでとても効果的です。

 

他の同僚、先輩の電話応対もお手本にして電話応対に慣れていけるといいですね。

 

受話器は丁寧に扱う

 

意外と意識できていないことでもあるので、日ごろから気を付けたいのが「受話器の取り扱い」です。

 

電話を切るときに「ガチャン!」と音がすると、相手先の人が不快な思いをすることがあります。

 

自分がそんな体験をしたら不快な気持ちになりますよね。

 

そういったこともビジネスマナーの1つになります。

 

電話応対では受話器の扱い方にも気を付けたいですね。

 

こういったことは経験者なら基本だと思いますが、未経験で始める方にとっては未知の世界なので不安に感じることもあると思います。

 

ですが、いざやってみると体で覚えていくものでもあるので、回数を重ねるごとに慣れていきます。

 

思っているより簡単なので、「まずはやってみよう!」という気持ちで取り組んでみてください。

 

誰しもが少しずつ経験を積んで慣れていくものでもあり、先輩や同僚の方からきちんとレクチャーがあるので、安心して取り組んでみてくださいね。

 

男性の事務職について

 

事務のお仕事は男性が少ないため、「男性は応募してもあまり採用されないんじゃないか」と思う方もいると思いますが、実際に事務職で働いている男性も多いんです。

 

男性でもできるお仕事は女性の事務職と同じように資料作成やデータ入力といった仕事内容に加えて、社内行事に関するお仕事の多い総務部でのお仕事では力仕事でも活躍できるといったこともあります。

 

また、女性社員にとっては男性社員の存在はいい方向に向かうことも多く、クレーム電話で相手からいろいろ言われている女性社員に代わって男性社員が対応することで、スムーズに話がまとまったり、女性同士のいじめなども抑制されるといったこともあります。

 

男性の場合は、どんどんいろんな仕事をしてステップアップしたいという方も多いと思いますが、事務職でも労務管理などを極めれば社会労務士などの資格取得を目指すこともでき、より専門的な分野を目指すことができます。

 

また、男性が事務職で働く場合に大変なことも中にはあるようで、女性の多い職場であることから女性に配慮しながら仕事をしないといけない、単純作業が向いていない、など男性だと職場環境にプラスになる面もあれば、女性が多いことで配慮する面も多いようです。

 

先輩が女性になることも多いため、まずは職場の人の立場や仕事のやり方、自身の立ち居振る舞いはどうすればよいか、を客観的に見ることも大切なことかもしれません。

 

OA事務の体験談その1

 

私が事務をやっていて大変だったことは、OA事務の仕事の中でExcelの関数を使った表作成、データ抽出、VBAを使ったシステムの作成を行っていたことでした。

 

VBAに関しては独学だったので勉強したことが活かせて面白く感じる一方で、とても大変でした。

 

特に大きな資格は持っていませんが、MOS検定を受検してその資格を持っています。
今後のさらなるスキルアップを目指して、職安の職業訓練を利用して勉強していくことも考えています。

 

OA事務の体験談その2

 

私は事務職として勤務して2年になりますが、毎日決められた作業をして、定時には上がれるのでその分、今後のスキルアップに向けて時間を取れています。

 

ExcelやWordを極めればさらにステップアップをしていくこともでき、簿記やOA事務に関する勉強をすることで仕事の幅を広げることができます。

 

また、事務職は人のサポートをすることも多いため、感謝してもらえるととても励みになります。

 

事務職といっても中には人と関わることもある仕事もあるので、そういったことがあるとやりがいを感じます。

 

関連記事:派遣事務の体験談

 

OA事務で取っておくと良い資格

 

OA事務は専門性のあるパソコンスキルを求められることが多いため、必然的にいろんなパソコンスキルの勉強をすることになります。

 

OA事務で働くなら、自分のスキルアップや業務に活かせる知識を得るために、いろんな資格を取っておくのもおすすめです。

 

OA事務に必要なスキル

OA事務をする上でパソコンスキルは欠かせないものですが、どういったスキルが必要なのでしょうか。

 

まずは、基本的な部分でみるとWord、Excelで資料作成、データ抽出といった作業ができることです。

 

Wordでも文字の入力だけでなく、表作成やその他の資料と組み合わせた資料を作ることもあり、Wordといってもいろんな仕事内容があります。

 

Excelでは関数を使ったデータ作成、データの抽出など、一般事務で使う簡単な関数に比べてより高度な関数を使って業務を行います。
Excelの関数についてさらに勉強してスキルアップしていくことが必要です。

 

OA事務では資料作成にパワーポイントを使用することも多く、プレゼンテーション資料を作るのに必要なスキルです。

 

またOA事務では、パソコンを使ったデータ作成を行う中で使うことのあるVBAも習得しておきたいです。
VBAはExcelに組み込むプログラムのようなもので、VBAを使うことができるようになると仕事の幅も広がり、作業の効率化にも役立てることができます。

 

少し勉強しないと難しい分野ですが、ほとんどの人が未経験から始めているので、OA事務をしていくならぜひ習得したいスキルです。

 

OA事務の資格は必須ではない

 

こうしてみるとOA事務で働くには何か資格があった方がいいんじゃないか、と不安になる方もいると思いますが、必ずしもそうではありません。

 

実際に業務の中で勉強していけばいいことがほとんどなので、求人票に「〇〇の資格保有の方」といった記載がなければ基本的には誰でも応募することができます。

 

資格が必要なお仕事の例としては、簿記の資格といった経理関係のお仕事や英語を使うお仕事が挙げられます。

 

自信のスキルの方向性を見て資格を取得していけるといいですね。

 

OA事務のスキルアップに職業訓練

 

OA事務ではパソコンスキルを求められることから、ハローワーク(職業安定所)で行われている職業訓練を利用してスキルアップやキャリアアップを目指す人もいるようです。

 

職業訓練はハローワークが企業に委託して行われるもので、委託された企業は支援金をもらっていることから、ハローワークで申し込んだ求職者は無料で研修を受けることができます。

 

職業訓練の内容ってどんなもの?

 

職業訓練にはパソコンスキルを上げることができるカリキュラムが多数あります。

 

仕事で使うために必要なパソコンの基礎編から、Word、Excelの使い方、事務に関するスキルを講座で習得できます。

 

職業訓練のコースは80を超え、初級者コースと上級者コースに分かれているので、自身のスキルに合ったものを選ぶことができますね。

 

こういった講座を無料で受講できるのでぜひ活用したいです。

 

OA事務をやるなら派遣がおすすめ

 

OA事務についてみてきましたが、OA事務をやるなら派遣で始めるのもいいですね。

 

未経験からでもOA事務の仕事に就くことができるのでおすすめです。

 

OA事務をパートでやる場合

 

OA事務のお仕事をパートでやる場合、「派遣」という勤務形態と「パート」では収入面で少し差が出るという面もあります。

 

例えば、事務のお仕事を派遣でやると、平均時給は1600円前後といわれており、パートだと平均時給は1000円前後といわれています。

 

一月でみると派遣とパートでは収入面で差が出てくるので派遣の方が良いように思えますが、派遣の方は「同じ職場に最長でも3年間しかいれない」と法律で定められています。

 

これは厚生労働省の労働者派遣法で定められており、同じ事業所で3年経過後も働きたい場合は意見聴取という労働組合の意見を聞くことが企業側に義務付けられています。

 

意見聴取後に再び働き続けることができますが、必ずしも意見聴取が行われるということではなく、3年でその職場を辞めなければならないこともあるので、派遣の場合はそういったリスクもあります。

 

パートの場合は長く働きたい方にとって、派遣のような期間制限の縛りがないので安心して働くことができるのでいいですね。

 

時給や最長3年という期間制限の縛りなど、派遣とパートでは異なる面やメリットデメリットがありますが、長く働きたいか、時給を重視するか、など自身で納得できる勤務形態を選ぶようにしたいですね。

 

転職でOA事務をするなら派遣がおすすめ

 

今のお仕事からOA事務に転職を考えている方には、一から転職活動をするよりも派遣で「紹介予定派遣」という形でお仕事を探すのもおすすめです。

 

紹介予定派遣という言葉を初めて聞いた方もいると思いますが、派遣会社から企業へ派遣される形態の1つで、「正社員になることを前提とした」派遣という形になるので、正社員への道が近くなります。

 

そのため、最長6か月の派遣期間を経て正社員へと雇用されるので、派遣期間は試用期間とみることもできます。

 

企業としても実際の仕事ぶりやスキルを見て正社員で雇用するかを見極めることができ、自身も派遣で働きながら仕事内容を身につけていくことができるので、双方にとってメリットのある方法です。

 

1から正社員に応募するのももちろんいいですが、こういった派遣の「紹介予定派遣」という形を選ぶとぐっと正社員への道が近づくのでいいですね。

 

しかし、初めから正社員で、と考える人も多いと思うので、そういった方は求人票を見て履歴書と職務経歴書を送って・・・というプロセスを踏んで就職活動をすることになります。

 

未経験で正社員で就職活動はなかなか難しいかもしれませんが、未経験でも正社員として採用されている方はたくさんいるのであきらめずに挑戦することが大切です。

 

関連記事:一般事務未経験で派遣事務はどう?

 

自己PRはどうすればいい?

 

自己PRでは、未経験だけど前向きさ、意欲はあります!というアピールをすることが大切です。

 

今までのお仕事が全く違う職種であったとしても、何か共通点があるはずなので、その部分をどう業務に活かしていくかをアピールできるといいでしょう。

 

例:
業務における知識やスキルをこれから積極的に学び、1日でも早く1戦力として働くことができるように頑張ります。

 

今までチームリーダーを2年ほど行った経験があり、チーム内の環境をよりよくしていくためのアイデアや意見を積極的に取り入れるなど、今後の業務でも経験を活かしていきたいと思っています。

 

ここで注意したいのは「教えてもらう」という姿勢だけでは自己PRにはならないので、「自分がどのように頑張りたいと思っているか」「業務にどのように貢献していきたいと思っているか」をきちんとアピールすることが大切です。

 

また、必ず聞かれる「志望理由」についても必ず聞かれるので、志望理由についても自己PRと同様、「受け身」ではなく前向きな姿勢、自分でも意欲的に行動することをアピールするようにしましょう。

 

「残業がなさそう」「今までの職場に不満があった」といったネガティブな要素はNGです。

 

職務経歴書はどうすればいい?

 

職務経歴書は今までの職務経歴を簡潔に説明することと、各仕事における職務経歴をアピールするものになります。

 

今までの職務経歴に加え、今後の業務に活かせる何らかのスキルがあれば積極的にアピールしましょう。
職種が違っていても「これは活かせそう!」と思うことがあればぜひアピールしたいです。

 

以前は事務職じゃなかったけど、という方でも、それまでやってきた仕事の中でアピールできるところは探せばきっとあると思います。

 

例:
後輩、人員の育成
在庫管理
チームリーダーの経験
接客経験
電話応対
メール対応
クレーム対応
業務改善の提案
マニュアル整備を担当

 

など、未経験の職種でも活かせそうなアピールポイントがあればしっかり記入していきましょう。

 

履歴書、職務経歴書は採用担当者にとってとても重要なチェックポイントになります。

 

今までの仕事の中で自分がどんなことをやってきたか、担当してきたか、その中でアピールできるものはしっかりアピールできるようにしたいですね。

 

営業事務の仕事内容なら必要な資格はナシ!

 

派遣の営業事務での仕事内容はどんなことをするの?

 

派遣では営業事務の業務内容のメインは、発注業務をメインに仕事を行います。

 

電話対応やPCを使って発注業務を行うのですが、一般事務では発注業務を行う事はなく、これが営業事務とoaや一般事務の違いとして大きいです。

 

受注作業のある営業事務もありますが、この場合は特に電話が多いので注意したほうが良いでしょう。

 

営業アシスタントサポートは営業マンをサポートする秘書のような役割を担う人のことを言います。

 

営業事務には残業はほぼありません

 

残業の多い仕事だと疲れますよね。。。

 

でも、営業事務でメインに行われる発注業務は、メインの仕事が正午で終わるような仕事内容が多いので、夕方までもつれ込むことはなく、残業をすることもほない仕事が多いです。

 

営業事務は残業なしで働きたいと契約したい人にも、営業事務はすごく人気があります。

 

営業事務では残業時間がない事でも人気がありますが、気になる平均時給が高い事でも人気が高いです。

 

営業事務の給料は時給約1500円

 

営業事務の時給は、一般事務と同じくらいの時給で高いです。

 

発注業務がメインの業務内容ではありますが、比較的簡単な仕事内容です。

 

営業事務に必要なスキルはoa事務と同じ。

 

営業事務では仕事内容もoa事務とほとんど似ており、必要なスキルもoa事務と同じようなスキルでお仕事をすることが出来ます。

 

しかし、営業事務では行かせる能力を最大限に発揮することが出来ます。

 

キャリアプランでは、経理や総務、人事事務などのキャリアパスがあったり、oa事務よりももっとキャリアアップしたお仕事をしたい人には営業事務で働くことはすごくおすすめです。

 

簿記の資格を取って経理の道に進む人も多いです。

 

パソコンスキルやエクセル、ワードが出来るのも有利に仕事がしやすくなります。

 

営業事務をやっている人の口コミ

 

営業事務を実際に行っている人の口コミを集めました。

 

営業事務といて働きたいと考えている人には、ぜひ参考にしてみてください。

 

大変で辛い営業事務でも、やりがいがあって楽しいと感じられる

 

営業事務は大変でしんどい仕事内容だと感じることもありますが、辛いと感じることより、やりがいがあり楽しいと感じることが不思議と多いです。

 

頑張ったら頑張っただけ、お給料+αの財産として自分に残ります。

 

営業事務では服装は自由

 

営業事務では適性に合っていれば、特に服装は自由です。

 

スカートよりパンツスタイルの方が好きなので、指定の制服がないのはありがたいと感じました。

 

営業事務と言えば男性というイメージはもう古い!

 

営業事務として働く女性は今では増えてきています。

 

営業事務として未経験からスタートする女性の派遣社員も多いので、営業事務を考えている人には、積極的にチャレンジしていただきたいです。

 

簡単なお仕事が多いと評判のテンプスタッフの登録(無料)

 

派遣事務の仕事内容で必要なものは?

 

派遣の事務はどのような業務内容なの?

 

派遣では、事務の仕事が沢山ありますが、事務と一言でいってもいろいろな業務内容があります。

 

今回は派遣事務で行う業務内容についてまとめてみました。

 

どんな仕事をするのか気になる人にも、ぜひ参考にしていただきたいです。

 

今は一般事務とoa事務の違いはナシ

 

今までは、パソコンを使って事務の仕事をすることをoa事務と言われており、一般事務はパソコンを使わない雑務を中心とするお仕事が中心の職種でした。

 

しかし、今ではほとんどの企業がパソコンを使って仕事をしています。

 

つまり、一般事務といってもほぼ全ての一般事務がパソコンを使うので、現在はoa事務と一般事務との区別はなくなってきました。

 

一般事務とOA事務は同じなので違いを意識する必要はないんです。

 

派遣でやるOA事務の業務内容

 

派遣で行うoa事務の業務内容は基本的には簡単な内容が多く、事務が未経験の人でも安心して行うことが出来ます。

 

事務未経験でも仕事をすることが出来るので、派遣社員として事務のお仕事をする人は多いです。

 

事務と一言でいっても、一般事務の他にも営業事務など、いろいろな事務があります。

 

加えて派遣事務ではデータ入力の他に、コールセンターでのお仕事の求人があります。

 

派遣会社によっては、電話・メール対応や資料のファイリングや、データを仕分けするなどの庶務内容も一般事務の内容に含まれています。

 

頼まれごとを沢山されるので、いかにスケジュール良く行うかも、一般事務として求められています。

 

しかし、派遣事務では、データ入力専用の事務の仕事があったりと、苦手なことはせずに得意なことに打ち込むことも出来るので、安心して働くことが出来ます。

 

oa事務とoaオペレーターの違い

 

oa事務はいろいろな庶務の仕事もするし、パソコンも使ってお仕事内容もします。

 

oaオペレーターはパソコンを使ってデータ入力をおこなったりと、パソコンを使う業務がメインになります。

 

ほとんど同じなのですが、パソコン作業がメインであればOAオペレーター、いろいろな事務仕事もやるのはOA事務のようなニュアンスで使い分けているところもあります。

 

oa事務の仕事内容

 

派遣のoa事務では、電話対応や来客の対応、データ入力やファイリングなど、一般事務で行うような作業も行います。

 

oaオペレーターとoa事務の違いでは、oaオペレーターではパソコンを使って行う仕事のみに集中して仕事をするところですね。

パートタイムでできる仕事内容も増えてきてる

 

従来ではフルタイム勤務が当たり前になっていましたが、今では時間を決めてパートタイムで働くこともできるようになってきたので、家事と両立している主婦の方でも安心して仕事がしやすい環境が出来ました。

 

一般のoa事務では大変なことでも、パートで働く内容も簡単で、限られた時間でお仕事をすることが出来るので、パートやアルバイトで働くより、派遣社員としてパート勤務をする方が楽に仕事をすることが出来ますよ。

 

今は派遣事務は男性でも出来る

 

経理や総務で働きたいなど、目標はあるけど働くのはなかなか難しいと考えている男性も少なくはありません。

 

資格やスキルがないと、なかなか採用されません。

 

しかし、派遣社員としてOA事務で働きながらスキルアップをして、経理や総務で社員として働く人も最近では増えてきました。

 

紹介派遣制度を利用して働く人は少なくはありません。

 

派遣事務ならパソコンスキルがなくてもO K

 

派遣事務の仕事内容は、初心者の人でも基礎的な内容なので、簡単に覚えることが出来るだけではなく、仕事をしていくうちにどんどん自分のスキルを上げることが出来ます。
パソコンスキルがゼロの状態から始めた人ばかりなので、パソコンスキルがない状態からの仕事スタートは可能ですよ。

 

派遣事務の魅力は、お給料プラスアルファーな所にも魅力があります。

 

エクセルの知識は使わない

 

派遣事務ではエクセルを使うことはありますが、エクセルの知識はまったく要りません。

 

 

上記の画像を見てのとおりです。
数字を打ち込む簡単作業なので、パソコンをあまり触ったことがない人でも、すぐに慣れていきますよ。

 

数字の入力なので、電卓を良く使う人にも簡単に馴染むことが出来ますよ。
打ち込むだけの作業なので、何度も繰り返いて行くうちに、どんどんタイピングのスピードも速くなっていき、自分に自信がついてきます。

 

ワードの知識も使わない

 

ワードを使う仕事って、正直難しいんじゃないか・・・

 

ワードを使う仕事を懸念する人って実は多いんです。

 

でも、派遣事務のワードでは、あらかじめ記入されている箇所を訂正したりと、文章ではなく単語を入力するだけなので、1から文章を入力する必要はありません。

 

 

死角で囲ったり、色線引いたり、文字の下に棒線引いたりと言った大変な作業は必要ないので、ワードを使わない人でも、安心して作業することが出来ます。

 

派遣事務の電話対応は2つだけ覚えておけば良い

 

電話対応が苦手な人は多いです。
言葉遣いにも気を使います。

 

・相手がどんな用件で電話をかけてきたか
・用件を復唱し、担当に変わること

 

この2つを覚えておきましょう。

 

もし、自分で解決することが出来ないことがあった場合は、上司に振ってしまいましょう。

 

取次のときに使う言葉

 

取次の電話がかかってくることも良くあります。
取次とは、連絡を取り次ぐ事・仲介する事という意味があります。

 

私「はい、株式会社◯◯の私子でございます。」
相手「◯◯さん、いますか?」
私「はい、少々お待ちください。」

 

このような流れを取次と言います。

 

もし、取り次いでほしい人が席をはずしていた場合は「○○はただいま席をはずしています」と言います。

 

「じゃあ後でかける」「伝言伝えてもらってもいい?」などかえってくる返事によって対応すると良いですよ。

 

派遣事務の電話では、このような内容の電話が多いです。
取次のやり取りは覚えておくと良いですよ。

 

折り返しのときに使う言葉

 

先方から電話かがかかってきて、取り次いでほしい相手が席を立っている場合、「こちらから折り返しお電話差し上げてもよろしいでしょうか。」
このようなやり取りをよく聞くと思います。

 

折り返し電話するとは、「先方がつないでほしい相手から電話をかける」という意味です。
「○○さんは今いないからまた後でかけなおして下さい」と言われると言われた人はムッとしますよね。

 

「こちらからかけますね」という方が、相手の方にとって親切です。

 

「折り返しお電話いたします」
このようなやり取りも、電話対応ではよくあるケースなので、覚えておくと良いですよ。

 

そもそも電話対応をしないことも可能

 

最初にお仕事をする前に、お仕事内容を把握してから契約します。
電話対応をしなくてもいい派遣契約で、電話対応をしなければいけない事があった場合、事前の契約に違反することになり、法律違反として認められます。

 

ケースバイケースもあると思いますが、当たり前のように電話対応を言われた場合には、派遣スタッフに相談しましょう。

 

派遣事務で求められるものは持っている方が仕事がしやすい

 

派遣事務は資格やスキルがなく、未経験の状態からスタートして働くことが魅力的ですが、より楽しく、やりがいを持って仕事がしたいと思う人には、働きながらスキルアップを目指していくことがおススメです。

 

派遣事務では、働いてお金をもらいながら、職業訓練などでoa事務の勉強することが出来ますよ。

 

派遣のoa事務では、未経験の状態からスタートした人には、働きながらスキルなどを勉強することによって、今後さらに仕事の幅が広がり、やりがいを持って仕事をすることが出来るようになります。

 

あると有利なスキルにはvbaやワードやエクセル、英語を身につけることもおススメです。

 

事務ではワードやエクセルがどの程度出来ればいいのか分からないときにも、派遣会社では無料で講座も行われているので、活用してみると良いですね。

 

パソコンスキルは職業訓練や独学でも習得することが出来ますが、講座を受けることによってより効率的にスキルアップを目指すことが出来ます。

 

oa事務派遣に有利になる資格これがあれば、より有利になる

 

有利になる資格には、簿記やmos、秘書検定などがあります。

 

それぞれにどのように有利な資格なのか見てみましょう。

 

経理事務を目指す人には簿記がおススメ

 

簿記の資格があると、数字に強くなるので、経理のお仕事への幅が広がります。

 

計算が好きな人や数字が好きな人には特におススメしたい資格です。

 

経理事務は時給も2000円近くと高い時給のお仕事もあるので、派遣社員としてスキルアップしたい人にも人気のある資格です。

 

どの職場でも通用するビジネスマナーが身に付く秘書検定

 

事務の仕事をするにはが身に付いていることは当たり前だと言われています。

 

未経験の状態から働くことはできますが、働き続けるなら必要最低限のは身につけたいですよね。

 

ビジネスマナーが身に付いていると、どこの職場に行っても通用するので、それだけでも仕事の幅が広がります。

 

苦手に思っていた電話・来客対応にもそのまま活かすことが出来ますよ。

 

ないよりある方が仕事がはかどります!mosでワードとエクセルが出来るようになる!

 

働きながら、ワードやエクセルの資格の取得を頑張る人が多くいましたが、今ではmosを取得することによって、ワードもエクセルも出来ることが証明されます。

 

mosの資格がなくても働くことはできますが、時給のに就きたいと考える人には特に、積極的にmosの資格取得に向けて勉強されている人が多く、人気のある資格です。

 

oa事務派遣に求められるいるものはあまりない。まずはチャレンジしてみよう

 

派遣社員として活躍しているほとんどの人は、事務としてパソコンができない人やスキル不足の状態からスタートしてきた人たちが多いです。

 

そんな状態からでも、スキルアップしながら仕事をすることが出来ます。

 

派遣社員に求めるものは最初から大きなものを期待されることはなく、求めすぎることもありませんが、頑張ったら頑張っただけ感謝されるので、やりがいをもって仕事をすることが出来ますよ。

 

派遣事務にはいろいろな業界や会社で働ける

どんな業界で派遣事務の募集があるか

派遣事務ならゲーム会社でできる

 

派遣事務ならゲーム会社でお仕事をすることもできます。

 

ゲームの会社はプレーステーションやニンテンドーで発売されている据え置機とよばれるゲーム機を発売している大手企業だけではありません。

 

スマホ用のゲームアプリを販売している会社の派遣事務もすることができます。

 

スマホ用のゲームアプリの進出で大手企業からベンチャー企業まで派遣事務で働くことが出来ますよ

 

ゲームのアップデートなどが一般よりも早くしれたりするかもしれませんね。

 

ゲームの制作は別にエンジニアを採用しているので、事務のスキルがあれば働くことはできますが、未経験でもチャレンジできる業界です。

 

テンプスタッフならゲーム会社の求人が100件以上♪

 

派遣事務ならグルメ業界でもお仕事ができちゃう

 

派遣事務ならグルメ業界の会社でもお仕事をすることができます。

 

グルメ業界の派遣事務とは、飲食店で事務作業をするよりも、「ぐるなび」や「食べログ」のようなグルメ情報を取り扱っている会社での派遣事務になります。

 

このような会社では、一般事務のお仕事とデータ入力と言われるパソコンにデータを打ち込みお仕事の2種類あります。

 

特にデータ入力に関しては未経験OKの募集が多いので、チャレンジしやすいです。

 

グルメに興味がある人は最新にグルメ情報が手に入ったりするので楽しくお仕事ができますね。

 

テンプスタッフならグルメの求人が数十件以上♪

 

現場事務所のお仕事も派遣事務ならできる

 

派遣事務なら建築などの現場事務所のお仕事もあります。

 

例えば、建築の現場事務所だと足場を立てる人、ショベルカーで地面を掘る人、コンクリートを持ってくる人など、様々な業者を管理するお仕事がメインになります。

 

といっても派遣事務なので、業者を管理する社員さんがいて、そのサポートをするイメージになります。

 

建設業界は業界としては非常に大きく、ゼネコンといわれる超大手企業から従業員が2〜3名の小さな事務所までいろいろ働き口があります。

 

派遣事務として一般事務としての役割だけで済む派遣先もあれば、CADという建物の図面の作成も求められている派遣先もあります。

 

もちろん、未経験でチャレンジできる派遣先がかなりあるので、現場事務所に興味ある人だけでなく、初めての派遣事務でも現場事務所はいい派遣先といえます。

 

テンプスタッフなら現場事務の求人が200件以上♪

 

派遣事務ならテレビ局でも働ける

 

派遣事務ならテレビ局でも働くことができます。

 

テレビ局といえば、お台場にあるフジテレビや赤坂にあるTBSなどがあります。

 

また、近年ネット動画の流行りもあるおかげで、ケーブルテレビ局やネット動画で番組を作成している番組制作会社などでも気軽に働けるようになってきています。

 

事務未経験でいきなり大手テレビ局は厳しいですが、テレビ局で働く経験は簡単に積むことが出来るので、1年〜2年程度で十分に働くチャンスはできます。

 

テレビ局のお醍醐味は何と言ってもテレビに出ている芸能人を見れる可能性があることです。

 

ただし、特定の芸能人を狙って会うのは難しいです。

 

例えば、お笑い芸人などに会いたいという特定のジャンルへの希望があるなら、ルミネといった場所を選んだほうが利口です。
もちろん、音楽関係の関係者と合いたいのであれば、レコード会社で働くのが1番可能性が高いといえます。

 

テンプスタッフならのテレビ関係の求人が数十件以上♪

 

派遣事務ならブライダル業界でも働ける

 

派遣事務はブライダル業界でも働けます。

 

ブライダル会社とは、結婚式をあげるために利用する会社になります。

 

ブライダル業界の派遣事務は一般事務としてお仕事をすることももちろんできますが、ウエディングプランナーのサポートとして、お客様のお手伝いができるところもあります。

 

一般事務のお仕事だけでは物足りなくなったときには、こういった業界で刺激をもらうのもいいかもしれません。

 

もちろん、未経験からでもブライダル業界の派遣事務にチャレンジできます。

 

ただ、人数的にギリギリでお仕事をしている会社も多いので、忙しいところがイヤなら避けたほうがよい業界です。

 

テンプスタッフならブライダル業界の求人が数十件以上♪

 

派遣事務ならペット業界でもお仕事ができる

 

派遣事務には犬やネコとか関われるペット業界でもお仕事もできます。

 

ただし、ペットフードやペット保険、更にはペット用品を扱う会社がほとんどです。

 

ペットと直接ふれあいながら出来る職場はほとんどありません。

 

たまにペット用品の開発現場に立ち会った時に犬やネコを見れる程度と期待しておきましょう。

 

お仕事内容は一般事務のお仕事と営業事務のお仕事があります。

 

ペット業界の営業事務とは、ペットショップからの商品の発注を受けて、商品を発送する手続きを取るようなお仕事です。

 

専門用語は多いですが、派遣事務をやるのに専門的な資格は不要な業界なので未経験でもチャレンジすることができます。

 

テンプスタッフならペット業界の求人が数十件以上♪

 

損保などの保険会社も派遣事務ならできる

 

損保や生保などの保険会社も派遣事務なら勤務することができます。

 

銀行と同じように損保会社や生保会社は大手企業ばかりです。

 

なので、安定して働ける反面、経験者だけを募集しても集まってくるので、未経験からチャレンジするのは難しい業界といえます。

 

特に損保会社は元々損保会社で働いていることが条件であることが多いです。

 

事務の経験をどれだけ積んでも難しいのが銀行と同じく金融業界の難しいところだといえます。

 

また、同じような理由で外国為替の派遣事務も難しいお仕事だといえます。

 

テンプスタッフなら保険会社の求人が200件以上♪

 

財団法人の派遣事務もある

 

派遣事務なら財団法人のお仕事もすることができます。

 

財団法人とは、例えば、日本の伝統工芸を守るためにいろいろな人が寄付して作られた集まりのような団体のことを言います。

 

イメージとしては、図書館を運営している団体みたいに売上や利益を求めていないことの多い団体です。

 

落ち着いてゆっくりと事務仕事ができる派遣先であることが多いです。

 

なので、未経験でまずは事務というものをじっくりと学んでいきたいと考えている人には最適な職場になります。

 

テンプスタッフなら財団法人の求人が100件以上♪

 

派遣事務ならラグジュアリーブランドでもお仕事ができる

 

派遣事務ならラグジュアリーブランドでもピンポイントでお仕事ができます。

 

ただし、ラグジュアリーブランドは外資系の会社が募集していることが多く、時給は高いけど求められていることが多いといった特徴があります。

 

英語のスキルまで求められることもあるので、それなら翻訳のお仕事のほうが割のよい仕事であることも多いです。
また、ラグジュアリーブランドは基本的にデザイナーや製作の工場などの役割分担がしっかり別れているので、派遣事務として入っても商品の製作には関わっていくことはできません。

 

何か製作の過程をみたいなら、まだ雑貨関連のブランドのほうが期待できます。

 

あまり派遣事務として働くには利点はありませんが、オフィスは銀座などであることも多いので、周りからはオシャレに見えることは間違いありません。

 

事務未経験でチャレンジすることは非常に難しいですが、事務に慣れてきてステップアップしたいときにはラグジュアリーブランドは向いています。

 

テンプスタッフならラグジュアリーブランドの求人が数十件以上♪

 

派遣事務には病院で働くこともできる

 

派遣事務なら病院で働くこともできます。

 

派遣事務として病院で働くためには2パターンあります。

 

1つは大手病院で経理事務などのお仕事をすることです。

 

病院で勤めるからと行って必ずしも患者さんと触れ合う必要はなく、大手病院なら経理や総務などの専門の事務も募集しています。

 

もう1つは医療事務として派遣事務をすることです。

 

医療事務には資格は不要なのですが、覚えることが多くあります。

 

中でも1番大変なのが点数計算といわれる、医療費の計算です。

 

風邪薬を渡す、傷の手当、血液採取などにそれぞれ医療費がかかり、その組み合わせによっても医療費が異なります。

 

更にその医療費は法律の改正で変わったりもするので覚えなお直さなければいけません。

 

一般的な事務の経験が生きてこない分、未経験でもチャレンジできる職場は結構あります。

 

時給ももちろん高いので、やる気がある人には向いている職場です。

 

テンプスタッフなら病院の求人が300件以上♪

 

派遣事務なら美容業界で美容系の派遣先で働ける

 

派遣事務なら美容業界でエステや化粧品会社といった美容系のお仕事をしている会社の派遣事務ができます。

 

エステサロンであれば、受付も一緒にやることがメインです。

 

化粧品の会社であれば一般事務や経理事務など、他の業界でやる派遣事務と同じイメージです。

 

エステサロンは制服の貸出しもあるので、可愛くお仕事ができるために人気です。

 

化粧品などの会社であれば、新作のコスメから香水などの流行りのものが販売より早く見えたりするので人気です。

 

美容業界での美容系のお仕事は人気なのですが、求人も多いです。

 

十分に事務未経験でもチャレンジできるお仕事内容なので、興味があるなら応募するべきですね。

 

テンプスタッフなら美容業界の求人が100件以上♪

 

派遣事務ならパチンコ業界でお仕事ができる

 

派遣事務ならパチンコ業界でお仕事ができます。

 

パチンコ業界には実際にお客様がパチンコやスロットを打つホールと、パチンコやスロットを作っているパチンコメーカーがあります。

 

派遣事務を募集しているのは、パチンコメーカーになります。

 

ホールでは、ホールスタッフを募集していることはありますが、派遣事務を募集しているところはほぼありません。

 

パチンコメーカーは普通のメーカーと変わらないので、一般事務から経理事務などいろいろな募集をしています。

 

ただし、パチンコメーカーは国内に数十社しかないので求人も少ないです。

 

募集しているタイミングが合えばラッキーくらいに考え、パチンコメーカーで働くために派遣事務になることは効率が悪いです。

 

パチンコメーカー以外を考えていないのであれば、直接雇用で応募しましょう。

 

派遣事務なら(外資と日系の)アパレルで働くこともできる

 

派遣事務ならアパレルで働くこともできます。

 

アパレル業界は大きく販売と本部で別れています。

 

いわゆるショッピングモールなどで実際に服を売っているのが販売。

 

デザインや在庫管理、人事などのそれ以外を本部がやります。

 

かわいい服に囲まれてお客様に服を販売するのは販売員にお仕事で、この販売員が店舗の事務作業も含めて行います。

 

なので、アパレルで派遣事務をやるのは本部でのお仕事になります。

 

やることは一般事務から経理、人事事務などいろいろな募集をしています。

 

特殊な資格などがないことから、未経験でも十分にチャレンジすることができます。

 

ただし、外資になると本社が外国にあるせいか英語などの外国語のスキルが必要とされるところもあります。

 

しっかりと求人は確認するようにしましょう。

 

テンプスタッフならアパレル業界の求人が数十件件以上♪

 

人気のあの会社への派遣事務はある?

派遣事務なら村田製作所で働ける!

 

派遣事務なら村田製作所で働くことができます。

 

村田製作所は世界的に有名な部品メーカーです。

 

例えば、Wi-Fiで使われている部品は世界で60%のシェアを持っており、世界No1です。

 

世界的に有名な部品メーカーですが、派遣事務で働くこともできます。
技術さんのサポートをする事務から一般的な事務まで幅広い事務を募集しています。

 

未経験からでもできる大手有名メーカーで派遣事務のデビューを目指しましょう♪

 

テンプスタッフに求人アリ♪

 

農協で働ける派遣事務のお仕事あり

 

派遣事務なら農業協同組合でお仕事ができます!

 

農業共同組合では主に金融業務の募集が多いです。

 

銀行と同じような業務をしているところもあり、金融事務の経験を踏むことが出来ます。

 

また、銀行と違って事務未経験から募集しているところもあるのが特徴的です。

 

加えて銀行ほど、忙しくないので初めてにはぴったりのお仕事です。

 

全国でお仕事はできますが、それほど募集が多いわけではないので募集していたらラッキーくらいに考えておきましょう。

 

合人社計画研究所は派遣事務を募集していません。

 

合人社計画研究所はマンション管理などのを行っている大手企業です。

 

マンション関連の事務仕事は合人社計画研究所が自社でパートやアルバイトの募集をしています。

 

そのためか、大手派遣会社の公開求人では見つけることはできませんでした。

 

もしかしたら非公開求人で派遣事務を募集しているかもしれませんが、直接アルバイトに応募したほうが可能性は高いといえます。

 

ろうきんで働きたいなら派遣事務

 

派遣事務なら、ろうきん(中央労働金庫)で働くことができます。

 

ろうきんでは銀行と同じように金融事務を経験することができます。

 

派遣事務の募集自体は各店舗で独自でおこなっているので、近くのろうきんが募集をしているかを全国展開している大手派遣会社から探す必要があります。

 

ただし、未経験から募集はしておらず、なんらかの事務の経験は必要となります。

 

金融業界の派遣事務のお仕事はこの傾向が強く、ろうきんも例外ではありません。

 

ろうきんの場合は普通の事務の経験でも大丈夫なので、すこし事務に慣れてきたらチャレンジしてみるといいでしょう。

 

テンプスタッフに求人アリ♪

 

派遣事務なら羽田空港で働ける

 

派遣事務なら羽田空港で働くことができます。

 

羽田空港で働くとは2パターンあります。

 

1つは羽田空港内のお店で働くこと、もう1つは羽田空港で働くことです。

 

羽田空港内のお店には、免税店のような販売のお仕事なので、派遣事務のお仕事ではない店がほとんです。

 

羽田空港で働くほうには派遣事務のお仕事はたくさんあります。

 

経理事務や貿易事務、国際事務といった幅広い事務で働くことができます。

 

派遣法では最長3年までしか働けませんが、部署を変えれば同じく職場で働くことができますので、ずっと同じ職場で働くことができるのが特徴です。

 

未経験でも受け入れ可能な派遣事務の職場が羽田空港にはあるので、チャレンジしてみる価値はあるでしょう。

 

テンプスタッフに求人アリ♪

 

ユニクロで派遣事務のお仕事はできません。

 

ユニクロでは派遣事務の公開募集をしていません。
(大手派遣会社の公開求人に該当なし)

 

元々ユニクロはアルバイトから社員になれる制度があったり、入り口がかなり広いです。

 

なのでユニクロに入るために派遣に登録して働く必要はありません。

 

ユニクロで働きたかったらユニクロにアルバイトや社員で応募しましょう。

 

派遣事務ではレグセントジョイラーでは働けません

 

レグセントジョイラーの派遣事務の求人は大手派遣会社の公開求人にはありません。

 

ケーブルテレビ関連商品の販売や通信事業を行っている会社ですが、社員教育がしっかりしていることに評判があるので、派遣といった人材確保はしていません。

 

レグセントジョイラーで働きたければ、直接正社員などで応募するようにしましょう。

 

nhkでの派遣事務のお仕事はありません

 

NHKの派遣事務の求人は大手派遣会社の公開求人にはありません。

 

NHK関連企業の募集はたくさんありますが、NHK局での直接的な募集はありません。

 

少し特殊なTV局なので、NHK職員として正規の応募をしましょう。

 

派遣事務ならnttでも働ける

 

派遣事務ならnttでも働けます。

 

nttは一般的にはntt東日本とntt西日本のことを指します。

 

大手派遣会社の公開求人を見てみると、ntt東日本での募集は複数あります。

 

ntt東日本ではデータ入力の事務仕事がありますが、専用端末を用意しているので、エクセルやワードといったスキルはそのまで重視していません。

 

そのかわり、nttの専用端末を操作できることが条件とされていることもあり、まったくの事務未経験から働くことは難しいです。

 

どうしても働きたければ、まずはnttグループのお仕事からはじめて、nttの専用端末になれることからはじめましょう。

 

また、同じnttグループのドコモであれば派遣事務ではたらくことができます。

 

いわゆるドコモショップなどでは派遣で働くことができますよ。

 

派遣事務ならリクルートキャリアで働ける

 

派遣事務ならリクルートキャリアではたらくことが出来ます。

 

新卒採用の最大手のリクナビなどを運営しているので、主にそのサポートをしたりする事務になります。

 

主に採用周りの事務仕事になるので人事事務に近い経験を積むことができます。

 

面接の日程の調整をしたり、就業活動の支援や問い合わせの対応などをします。

 

事務未経験でも応募できるお仕事なので、興味があれば是非応募しましょう。

 

派遣事務ではデンソーで働くことはできません

 

デンソーの派遣事務の求人は大手派遣会社の公開求人にはありません。

 

過去にデンソーが派遣事務を募集したことはありますが、現在は募集していません。

 

正社員として総合職の募集や期間従業員、専任技術職などの直接雇用に力をいれています。

 

派遣事務としてデンソーに応募するのではなく、直接応募するようにしましょう。

 

派遣事務ならパナソニックで働くことができる

 

派遣事務ならパナソニックのグループで働くことができます。

 

一般事務から経理事務まで幅広いお仕事がパナソニックグループにはあります。

 

また、パナソニックエクセルスタッフというグループ内の派遣会社があるので、そちらを利用するのが近道です。

 

派遣事務ならホンダで働ける可能性がある

 

派遣事務ならホンダで働ける可能性があります。

 

ホンダグループにはホンダスタッフィングサービスというグループ内の派遣会社があります。

 

その求人の中には自動車メーカーでの求人もあります。

 

公開はしていませんが、その自動車メーカーがホンダという可能性は十分にありますので、気になればまずは登録してみるとよいでしょう。

 

派遣事務なら電通で働くことが出来る

 

派遣事務なら大手広告代理店の電通で働くことができます。

 

ただし、大手派遣会社の中でも一部にしか求人を出していないので登録する前にしっかりと確認しましょう。

 

一般事務のお仕事がメインで、広告のアシスタントをメインで行うことが多いです。

 

汐留から徒歩0分の好立地な場所で働けることや会社内部に魅力的な人材が多いのも魅力です。

 

人気企業で応募が殺到するので、未経験で応募するのは厳しいです。

 

ある程度経験を積んでからチャレンジしましょう

 

また、同じ業界では博報堂が有名な会社です。

 

同じようにこちらも未経験で応募することはできますが、人気企業なので非常に厳しいです。

 

野村証券の派遣事務の求人はない

 

野村証券の派遣事務の求人は大手派遣会社の公開求人にはありません。

 

他の金融業界と同じように金融関連のお仕事はかなりの経験や資格を必要とします。

 

中小企業の証券会社であれば多少の派遣事務の求人はありますが、野村証券は募集していないようです。

 

郵政では派遣事務の募集はしていない

 

郵政では派遣事務の募集はしていないので、派遣事務で働くことは出来ません。

 

ただし、大手派遣会社の公開求人にないということです。

 

郵政は子会社に日本郵政スタッフという人材派遣をする会社を持っています。

 

なので、日本郵政スタッフに応募することによって郵政内への派遣事務のお仕事があるかもしません。

 

気になる方は確認してみてください。

 

派遣事務にはいろいろな職種がある

 

派遣事務が未経験ならデータ入力がオススメ!

 

派遣事務と言えば、簡単なデータ入力と、電話対応をするといったイメージです。
実際にそのような会社は多いです。
電話対応について覚えておいた方がいいところを把握したとしても、いざとなるとなかなか対応することが出来ない場合もあります。

 

でも、派遣事務では、そんな電話対応をしなくてもいいお仕事内容の会社もたくさんあります。
ひたすらデータ入力をする、データ入力派遣なら、不安に思う電話対応は一切ありません。
パソコンスキルがなくても簡単に行うことが出来る操作なので、自信がない人にも安心してお仕事を行うことが出来ますよ。

 

データ入力派遣には電話対応がない

 

データ入力派遣には電話対応がありません。
電話対応は絶対したくないと思っている人にはすごくおススメな仕事内容だと言ってもいいでしょう。

 

データ入力派遣にはスキルが不要

 

データ入力にはスキルは全く必要ありません。
キーボードで文字や数字を打ち込むことが出来れば、簡単にお仕事をすることが出来ます。

 

仕事をしていく中で、スキルアップを目指したいと思った時には、仕事をしながら自然とスキルが上がるので、お給料以外にもメリットがありますよ。

 

データ入力派遣はとにかく楽なところが多い

 

データ入力派遣はとにかく楽に仕事をすることが出来ます。
電話対応のように今すぐ対応してほしいといったことはなく、分からないことがあっても、同じ作業をしている人がほとんどなので、質問しやすいです。

 

また、入力作業だけなので、単純作業を繰り返しているうちに自分のタイピングスキルが上がり、自分が休憩したいときに休憩することが出来るので、目や体調面でも負担が軽減されます。

 

楽な点が多いと、継続してお仕事がしやすいですよね。

 

派遣事務が未経験の人に他におすすめなお仕事内容

 

事務の仕事には、データをひたすら入力するデータ入力の仕事から、電話対応をしながらお客様へのアフターフォローをする仕事まで、仕事内容はさまざまにあります。
対面は苦手な人でも電話対応なら大丈夫という人は、電話対応のある事務をするとか、データの入力をひたすらやりたいと思っている人にはデータ入力のお仕事をするなど、自分の得意ジャンルを知ることで、「この仕事なら出来そう」と開けてきますよ。

 

主婦の方の場合ですと、家計簿をつけるのに電卓を使う人は多いと思います。
数字を打ち込むだけのデータ入力の仕事もあるので、電卓が使い慣れている人にはデータ入力派遣の仕事はぴったりです。

 

「私には自信がない・・・」といった部分ではなく、「この仕事ならできそうかな」と考えると、自分にぴったりな仕事が見つかる近道になりますよ。

 

営業事務の派遣なら仕事内容も単調

 

営業事務の仕事内容は「発注」をすることがメイン作業です。
発注内容を間違えずに入力することに気を付ければ、後は単調な作業なので、すぐに仕事に慣れますよ。
注文の内容をパソコンに入力するだけなので、難しいことはなく、これといったパソコンスキルも必要ありません。

 

 

パソコンが嫌なら受付メインの派遣事務

 

接客は大丈夫だけど、パソコン作業が苦手・・・という人には受付メインの派遣事務がおススメです。
来客のお客様の名前をメモする、来客のお客様へのお茶出し、お部屋の清掃などを主なメインの仕事として行います。

 

受け付けは会社の顔になるので、何かを聞かれた時には最低限のことは答えることが出来るようにすると、さらに仕事にやりがいが出ますよ。

 

敬語などに不安があるなら学校事務の派遣

 

目上の人に対する敬語の使い方って意外に難しいもの。
気を付けようとは思っていても、ついため口になってしまったり、間違った敬語の使い方をしてしまったりと、言葉遣いは本当に難しいです。

 

敬語などの言葉遣いに不安を感じる人には、学校事務の派遣もありますよ。

 

大学や高校でやる事務の事で、教員とは違い、生徒と接することはあまりありません。
誰かと接するということはあまりないので、敬語に不安がある人でも、気にせずに働くことが出来ますよ。

 

派遣事務が未経験だと難しい事務の職種

 

派遣事務が未経験だと、一般事務では挫折しやすいかもしれません。
一般事務の仕事では、未経験者は採用されにくいのが現状です。
仮に採用されたとしても、会社側からは完璧を求められることが多く、仕事に就いていけない場合も考えられます。

 

もし、派遣事務未経験の状態でも、一般事務の仕事をする場合、自分にとっての得意分野を把握しておき、仕事内容にマッチしていれば、派遣事務が未経験でも、一般事務の仕事をすることが出来るかもしれません。

 

いずれ、一般事務で働きたいと思っている人の中には、最初に派遣事務として経験を積んでから挑戦する人も実は少なくありません。

 

派遣事務では、スキルがなくてもお仕事をすることが出来ますが、一般事務ではスキルが求められることが多いのです。

 

また、知識と経験がなければすることが出来ない事務の仕事も実は多いんですよ。

 

派遣事務が未経験だと資格が必要な経理は難しい

 

派遣事務が未経験だと、一般事務は難しいです。
その一つに、経理の仕事があります。

 

経理の仕事には、簿記の資格が必須です。
また、事務経験者であることも経理の仕事を行う上で必須なので、派遣事務未経験でスキルがない人には、経理の仕事は難しいのです。

 

しかし、派遣事務を経験しながら簿記の資格を取得することによって、経理の仕事が出来る可能性が開けますよ。

 

派遣事務は、仕事をしながらでも自分の時間を確保することが出来、簿記の勉強が十分にでき、巣事をしながらスキルアップが自然とできるので、何かやりたいことがある人にもおススメです。

 

派遣事務が未経験だと経験が必須な総務や人事は難しい

 

事務の仕事の中には、未経験でも簡単に行うことが出来るお仕事から、経験や知識がないとできないお仕事まで様々です。

 

経験や知識を必要とするお仕事の中には、総務や人事のお仕事があります。

 

会社の採用や人事異動などの人の管理をする部署での仕事が人事の仕事です。
知識をちゃんと持っていることももちろん、元人事であることも採用条件として判断されます。

 

また、総務の仕事は、人事や経理などをまとめて行う部署を言います。
人事や経理がまとまっているので、余計にやりにくいです。

 

派遣事務が未経験の人が、人事や総務の仕事をするには、並大抵の努力では難しい仕事です。

 

銀行で派遣事務をやるには金融業界の経験が必要

 

銀行での金融業界の仕事は、お堅い業界としても有名で、経験者の募集がほとんどです。
銀行でもお仕事の経験がある人で、結婚や出産などで一度離れた人が職場復帰するといったパターンがほとんどで、派遣事務未経験の人が働くのは正直難しいです。

 

輸出入などの貿易事務を派遣でやるなら英語か中国語ができないと難しい

 

事務の仕事の中には貿易事務という職種もあります。
貿易を扱う事務を言い、日本から海外への輸出や輸入に関する事務をするので、日本語の他にも、最低限英語や中国語を話せるようにならなければいけません。

 

事務についての知識があることはもちろん、語学の知識も求められる仕事です。

 

派遣事務の仕事内容に関係するパソコンスキルと資格

 

派遣事務で働くためには?派遣事務に必要なパソコンスキル

 

今まで事務以外の職種で働いていたという方にとって、派遣事務で働くにはどんなスキルがいるのか、パソコンをあまり使ったことがないけど大丈夫?と、いろんな悩みがあると思います。

 

ですが、パソコンはいざ使ってみると次第に慣れていくものなので、スマホを使うことができればパソコンも操作しているうちに使えるようになると思っても大丈夫です。

 

指先の動きがマウス、画面がパソコンのディスプレイ、といったイメージで想像すると分かりやすいかと思います。
そういうこともあり「パソコンスキルが必要なんじゃないか」と思っている方も多いと思いますが、実はパソコンスキルなんて徐々につけていけばいいのでほとんど必要ありません。

 

パソコンの基本操作は2つ

 

派遣事務で働くに向けて、パソコンのスキル不足を感じている方にここでパソコンの操作についてここで少しお話したいと思います。

 

まず、パソコンの基本操作の基本には2つあり、

 

1:インターネットを使って検索ができる
2:いろいろなアプリを起動できる

 

の2点があります。
これはよくよく考えてみるとスマホの操作と似ているような気がします。

 

簡単に言うと、スマホの操作をキーボードとマウスをつかってやること、がパソコン操作の基本動作になるので、スマホの操作ができれば「パソコン操作ができなくても派遣事務で働けるか」と不安な方でも安心して仕事探しができると思います。

 

もちろん、これは派遣事務に限らず一般事務で仕事を探す人にも当てはまるので、パソコン操作に対する意欲さえあれば、今はパソコンができなくても業務の中で習得していくことは可能です。

 

パソコン操作に不安がある方でもこのように操作をしていくことで慣れることができるので、焦る必要はありません。

 

では、派遣事務、一般事務で業務に必要なパソコンスキルにはどのようなものがあるかというと、3つあります。

 

・エクセル
・ワード
・パワポ

 

この3つはマイクロソフト社のものが代表的ですが、同じような他社製のソフトを使っている企業も多くあります。
ここでは一般的に使われているエクセル、ワード、パワポを取り上げましたが、この3つのソフトは業務の中で操作方法を習得していくことも可能ですが、書店などでテキストを購入して独学で勉強をすることも可能です。

 

派遣事務で使うエクセルはこのレベルでOK

 

エクセル、ワード、パワポの3つは独学でも習得可能、とお話しましたが、どれも机上で勉強するだけではなかなか習得が難しい部分もあります。

 

実際にソフトを起動させて、テキストの手順に合わせて操作をしてみることで、操作方法を実感しながら、感覚として覚えていくこともできます。

 

派遣でも正社員でも、事務職であればエクセル、ワード、パワポのソフトは扱うことがよくあるので、この3つはおさえておきたいところです。

 

中でもエクセルは事務職おいてほぼ毎日使うといっていいほど業務に必要なソフトです。
「エクセルって何?」「聞いたことはあるけど難しいって聞いた」と思う方も多いと思います。

 

それもそのはず、ちょっと触っただけではエクセルの詳しい使い方はわからないので、ちょっと操作したことがあって「これは難しそう」「よくわからない」と先入観を持ってしまう方が多いことが考えられます。

 

エクセルは表計算ソフトといわれるもので、データを入力してその結果を自動でまとめてくれる便利な機能のあるソフト、といった感じのもので、表やグラフを簡単に作ることができるソフトです。

 

基本的には「数字の入力」ができればほぼOKと思っても大丈夫です。
実際のグラフなどはエクセルの機能を使って作成するので、数字の入力ができれば誰でも使えるソフトです。

 

またエクセルには「vba」「マクロ」といったさらに高度な計算スキルが入っており、こういった機能も業務の中で実務で経験していくことで、サクサクと扱えるようになっていくので、「難しそう」「自分にもできるか心配」という方も大丈夫です。

 

これなら未経験でエクセルの知識がなくてもできそうですね。
こういった作業は簡単な作業かもしれませんが、時間がかかってしまうという面もあります。

 

派遣事務の人がこういった作業をしてくれると職場の人は他の業務にかける時間ができるので、大助かりなんです。

 

業務で実際に操作していくことで習得していくものも多いので、「エクセルができなくても派遣事務で働ける?」と思っている方も安心してください。

 

派遣事務で使うワードはこのレベルでOK

 

ワードというソフトも派遣事務ではよく使うソフトになります。
「ワードって何?」と思う方も多いかもしれませんが、簡単にいうと文書作成のソフトで、主に文章を入力していくソフトになります。

 

またワードには文書に写真や図形を入れることができますが、文章を作るだけでなく写真や図形も入れたりと難しそう、と事務にチャレンジするにはどこまで操作ができればいいのか不安になります。

 

ワードの使い方に不安がある中で、社会のマナーなどを守った正しい文章を作れる自信がない、ということで不安になる方や、文字入力のスピードが遅いといったことが心配な方はうまく使えるのか不安になります。

 

派遣事務ではキーボード入力ができれば基本は大丈夫なので、誤字脱字の修正、名前の変更、数字入力といった比較的簡単なレベルの作業が多いので、未経験でワードができなくてもこの程度の入力ができれば十分なんです。

 

派遣事務で使うパワーポイントはこのレベルでOK

 

では、ワードやエクセルはわかるんだけど、パワーポイントって何だろうと不安になります。
ワードも文章も文字を打ち込むのは同じなのに、正直何が違うのかわからない、と思いますよね。

 

パワーポイントの作業では、会議資料の作成などが主な業務になりますが、派遣事務は資料を1から作るということはないのんで、パワーポイントの操作が分からなくても、ワードとの違いが分からなくても問題ありません。

 

派遣事務でもパワーポイントの作業は、指定された場所にキーボード入力をするだけなので、知識はほとんど不要です。

 

そういうこともあり、派遣事務であれば未経験でパワーポイントの知識がなくてもOKのお仕事があるんですね。

 

未経験で派遣事務にチャレンジするのにパワーポイントの知識はいりません。
派遣事務がパワーポイントで依頼される作業には、資料に書いてある名前や1部分の修正程度なので、キーボード入力ができれば十分です。

 

こういったこともあり、未経験でパワーポイントのスキルがなくてもOKのお仕事が派遣事務では多いんですね。

 

パソコンをあまり使わない事務もある

 

今まではパソコン操作が必要な派遣事務でのお仕事についてみてきましたが、ここでは「パソコンをあまり使わない事務」についてもみていきます。

 

パソコン操作がうまくできない、どうしても向いていない、など、デジタルな面が多いパソコン操作にどうしてもなじめないという方にはパソコンをあまり使わない仕事を選ぶというのも1つの方法です。

 

PCスキル不要の事務の求人にはどういったものがあるかというと、広告やメディアの紙面の校正チェックがあります。

 

仕事内容としては、広告や出版会社でのお仕事で、

 

・文章や記事のチェック、修正
・誤字脱字のチェック
・必要資料のコピー、ファイリング

 

が主な業務内容になります。

 

また、このお仕事では社内での作業であることも多いことから、電話応対なしということもあります。
こういったお仕事はPCスキル不要なので、未経験で派遣事務の求人としてあがることがあるんですね。

 

PC作業が苦手な方、デジタル操作よりアナログな作業が向いているという方にはいいですね。

 

テンプスタッフならパソコンスキルアップなどが働きながらできちゃう

 

派遣会社大手のテンプスタッフでは、派遣事務に必要なパソコンスキルアップなどのサポートも充実しています。

 

働きながらできるというところが魅力で、事務作業で必須のパソコン操作のスキルを気軽に学ぶことができ、学習メニューも基礎から応用まで幅広く用意されています。

 

自分のパソコンスキルに合わせて選べるので、派遣事務として働く中でスキルアップを目指すこともできるので、こういったしくみを活用するのもいいですね。

 

また、社外の講座を受けられるスクールとの提携も行っているので、自分次第でより多くのスキルアップを目指すことができるのでこういった面も魅力です。

 

関連記事:派遣事務におすすめの派遣会社

 

派遣事務で取ったら有利な資格

 

未経験から派遣事務で働くなら何か資格がいるのでは、あったほうがいいのではと思う方も多いと思いますが、もちろん、資格があった方が企業側も持っているスキルを把握しやすくなるのでいいという部分はあります。

 

ですが、資格は必ず持っていないといけないというものではなく、業務を行う中でスキルアップしていけばいいので、業務に入ることができたらぜひ資格も取っていきたいですね。

 

派遣事務で取ったら有利は資格についてみていきます。

 

そもそも派遣事務は資格なしでもできる

 

先ほども少しお話しましたが、派遣事務の求人を見ていると「未経験歓迎」「必要資格なし」といった表記が多いことはご存知でしょうか。

 

派遣事務で働くために必要なパソコンスキルや業務でどういった作業をするかについて明記されていますが、必要な資格についてはかなり専門的な知識が必要でない限りは資格なしでも働くことができます。

 

業務に必要な人材として企業からも「これを持っているといい」といった派遣事務で役立つ資格についてみていきます。

 

派遣事務で共通して有利になる資格

 

派遣事務で「持っていると有利になる」資格には代表的なものが2つあります。
1つは事務業務を行う中で必要なソフトに関する資格、もう1つはビジネスマナーや立ち居振る舞いについて習得する資格です。

 

MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)

 

先ほどからも出てきている、ワード、エクセル、パワーポイントを開発している会社が行っている検定試験です。

 

2つのレベルに分かれており、「スペシャリストレベル(一般)」と「エキスパートレベル(上級)」の2つのレベルに分かれているので、自分の受けたいレベルで受検することができます。

 

その中でワード、エクセル、パワーポイントの自分が受けたいものを選びます。

 

これから仕事を探している人から、業務効率化を目指してスキルアップ目的で受ける人、周りの人が受けているのを見て奮起して、と受ける理由はさまざまですが、合格すると履歴書にも資格としてアピールすることができるので、有利な資格になります。

 

企業側も派遣事務の採用でMOSの資格があるかどうかは、パソコンスキルやワード、エクセルが使えるかをパッとみてわかるので、採用段階でも有利になります。

 

秘書検定

 

今まで事務職以外の職種で働いていた方にとってはあまりなじみのない「秘書検定」ですが、この検定は主にビジネスマナーや立ち居振る舞いについて学びます。

 

この資格を持っていると、ビジネスマナーや社会常識を習得しているということをアピールすることができます。

 

秘書検定を受ける理由としては、秘書業務をしていて自身のスキルアップが目的で、という方や中には社会の一般常識やビジネスマナーについて学生時代に受検した、という方も多いのだそうです。

 

このように、秘書検定はビジネスマナーや社会常識、一般常識についても習得できるので、男性で受検するという方も多いようです。

 

秘書検定では冠婚葬祭時のご祝儀袋やお香典の書き方、作法、挨拶状の書き方など、いざというときに役立つ知識を学ぶことができます。

 

派遣事務の中で資格が必要な職種とその資格

 

派遣事務は資格なしでもできるお仕事があることをご説明しましたが、派遣事務の中でもより専門的な知識が必要な職種もあります。
ここでは専門的な知識が必要なお仕事で「資格が必要な職種」とその資格についてご紹介していきます。

 

経理事務がやりたいなら

 

派遣事務の中にある職種の1つ、経理事務は企業の出納業務や、帳簿作成、決算、といった会計業務が主な仕事になります。

 

会計業務には複雑な仕組みもあり、専門的な知識を要する業務が多いことから資格取得を必要としている企業が多いです。

 

経理事務でぜひ取得したい資格は「日商簿記検定」です。

 

この検定は企業の会計や財政に関する知識を学ぶ資格です。

 

業務の中で扱う財務諸表を見る力、経営や分析力に関する基礎的な知識を身に着けることができます。

 

さらに知識を深めることで税理士や公認会計士といった高度な資格にも挑戦できます。

 

 

通訳・翻訳がやりたいなら

 

派遣事務の中でも言語知識が必要な通訳、翻訳のお仕事です。
通訳、翻訳業務を行うにはやはり言語の基礎知識が必須となるので、資格取得を基本にしている企業も多いです。

 

そこで必要な資格の代表的なものは、

 

・TOEIC
・英語検定

 

の資格でともに、英語の勉強の資格です。

 

近年では英語力の向上を促進する企業が増えていることもあり、学生時代から積極的にTOEICや英語検定を受検している方も多いです。

 

履歴書で英語力をアピールすることができ、企業側も英語力のレベルを一目でみることができます。

 

貿易事務がやりたいなら

 

派遣事務で貿易事務に就きたいという方には、業務で海外とのやり取りもできる程度の英語力を求められることもあります。

 

貿易関連の業務は一般的な事務業務と少し分野が異なり、貿易実務に関する知識も必要となるため、資格取得を求められることが多いのです。

 

代表的な資格としては、

 

・TOEIC
・英語検定
・貿易実務検定

 

の3つが挙げられます。

 

・TOEIC
・英語検定

 

英語力のめやすとしてTOEIC、英語検定の受検経験の有無やスコアを明示するよう求められることもあります。

 

TOEICの特徴は、合否ではなくスコアで結果が通知されることです。
そのため、履歴書などにはスコアで明記することになります。

 

英語コミュニケーションがどの程度あるかを検定試験でみることができるので、英語力をアピールするときに役立てている方も多いです。

 

また英語検定は正式名称「実用英語技能検定」といわれているもので、「聞く」「話す」「読む」「書く」の4つの技能を見て合否が判定されます。

 

1つずつ段階を踏んでいくので、英語検定で1つずつステップアップしていくのもいいですね。

 

・貿易実務検定

 

貿易実務検定は文字通り、貿易に関する知識を勉強する資格です。
貿易実務検定はお仕事で活用したいという方だけでなく、個人で海外から商品を輸入しているという方も受検することが多いです。

 

商業英語について、貿易に関すること、通関業務まで幅広い知識を習得できます。

 

CADオペレーターがやりたいなら

 

CADオペレーターというお仕事を聞いたことがある方も多いと思います。

 

CADオペレーターとは、建築や自動車などの製図を行うCADシステムを扱う職業のことで、コンピューターの画面で製図作業を行います。
そのために持っておくと有利な資格が「CAD利用技術者」という資格です。

 

・CAD利用技術者

 

システムの操作から設計、製図やデザインに関することを習得できるので幅広い業種で役立ちます。
CADを使った技術の評価や認定を行うための資格で、建築、車関連などの派遣事務のお仕事では有利な資格といえます。

 

ヘルプデスクをするなら

 

派遣事務の求人にも多いヘルプデスクですが、ヘルプデスクというと「業務のサポート」というイメージがあるかもしれませんが、内容はとても専門的なものが多いです。

 

パソコンの不具合やシステムの復旧、プログラムの修正など、IT関連の幅広い知識を必要とする業務で「どのヘルプデスクとして働くか」によってその業務は多岐にわたります。

 

・ITパスポート
IT業界のお仕事の基礎知識を学べる資格です。
ITパスポートは国家資格になるので、取得へは少し長い道のりもあるかもしれませんが、取得しておくと企業によっては手当が支給されることもあります。

 

事務系、技術系かに関わらず、セキュリティ、ネットワークからプロジェクトマネジメントまで、近年はIT技術が必要不可欠な時代に対応できる知識を習得するための資格です。

 

IT関連のお仕事について理解を深め、業務に活用できる力を身に着けることができます。

 

事務未経験でパソコンができなくても大丈夫!

 

事務が未経験でパソコンが出来なくても、派遣事務の仕事内容はキーボードを打つことが出来れば、OKな仕事内容が多く、単純作業がほとんどなので、パソコンをすることに自信が持てます。

 

事務未経験だとパソコン教室で勉強するべき?

 

パソコン教室で勉強してから仕事はじめるのは時間とお金がもったいないです。
テンプスタッフでは無料でパソコンのスキルを勉強することが出来ます。
しかも、働きながら研修を受けることが出来るんですよ。
パソコン教室にお金を払うのがもったいなく感じてきませんか?

 

事務未経験でも入力ができれば問題ない

 

入力が出来れば仕事が出来る内容ばかりです。
単純作業がほとんどなので、1日で覚えられますよ。
そして、続けていくにつれて、自然とパソコンスキルが上がってくるのも、派遣事務ならではの魅力です。

 

派遣事務なら未経験だとしても資格やスキルも不要

 

派遣事務では未経験でスキルや資格がなくても働くことが出来ます。
働いているほとんどの人が、未経験で資格もスキルもない人がほとんどです。
エクセルやワードの公認の資格と言われているMOSも派遣事務の仕事では活用されません。
資格やスキルがなくても安心して仕事が出来ます。

 

派遣事務にはエクセルやワードは必要?

 

派遣事務ではエクセルやワードの資格を持っていても活用されることはほとんどありません。
資格を持っていなくても問題なく働くことのできる仕事内容ばかりなので、資格やスキルがなくても安心して仕事をすることが出来ます。

 

派遣にはエクセルはいらない

 

派遣事務では入力作業がほとんどなので、エクセルを使って何かをするといったことはありません。
電卓が使えればできるような入力がほとんどなので、電卓を普段から使っている主婦の方には簡単に行うことが出来る仕事内容です。

 

派遣事務にはマクロ(別名:vba)を使う仕事はあるが一部

 

派遣事務はエクセルを使うっていうし、難しい関数やマクロ(別名:vba)を扱えるスキルがないとムリって聞いたよ?

 

確かに派遣事務の中ではエクセルの基本操作だけじゃなく、エクセルの中でプログラミングをして自動的に処理をするマクロと呼ばれるスキルまで要求される求人はありました。

 

でも、そういったお仕事は派遣事務全体のお仕事でいうと5%くらいの少ない割合なんですよ。

 

「パソコンで文字が入力できればOK」というお仕事が大多数なので、そういうお仕事はスキルが上がってきたら高い時給のお仕事をするときに考えることにしましょうね。

 

派遣にはワードはいらない

 

資料を作成するときなどに使われるワードは、すごく便利な資格ではありますが、派遣のデータ入力の仕事では必要ありません。
文章を打ち込むタイピングスキルはすごく必要ですが、単語を打ち込むことがほとんどなので、ワードがなく手も仕事が出来るのが分かりますね。

 

派遣事務をやる上でスキル不足は障害にならない

 

派遣会社に登録するときに適性検査でスキルチェックのテストを受けさせてもパソコンに自信がない。

 

そんな不安を抱えてしまうこともあります。

 

でも、これまで説明したように適性検査のテストでほとんど問題がとけなくても未経験可能な事務のお仕事は紹介してもらえます。

 

エクセルのスキルチェックでいい点数を取りたいのか?それとも派遣事務で働きたいのか?を自分の中で整理しましょう。

 

もし、派遣事務で働きたいのであれば、あとは派遣会社に登録するだけですよ

 

エクセルが出来なくても、運転免許をもっていなくても派遣事務は出来るんです。

 

〜パソコン苦手な人でもすぐ働ける派遣会社テンプスタッフの登録はコチラ〜

 

派遣事務はスキルや資格がなくても不安にならなくて大丈夫

 

経験がない人はスキルとか資格でカバーすれば大丈夫なんて話も聞くけど、私の場合はパソコンに詳しいわけじゃないし、事務で役に立つ資格なんて持ってない。

 

さすがに職歴がないだけじゃなく、スキルも資格も無ければ事務はムリだと思っていました。

 

しかし、派遣事務ならスキルや資格がなくても働けるんですよ!

 

派遣事務で使うパソコンスキルは入力程度

 

派遣事務ならパソコンで必要なスキルはキーボードで文字と数字が入力できればそれで十分です。

 

なぜなら、派遣事務の仕事は単純な作業がメインだからです。

 

例えば「全国にある店舗の売上をパソコンに入力する」といった作業です。

 

決められた作業をマニュアルに沿って仕事をしてもらう、というのが派遣のお仕事の基本なんです。

 

だからこそ、パソコンの入力程度ができればそれで十分なんですね。

 

派遣事務ではエクセルのスキルは要らない

 

エクセルとは数字を入れると自動で計算してくれる、有名なパソコンのソフトです。

 

事務ではエクセルが使えることが必須ですが、派遣事務ではエクセルは使えなくても問題ありません。

 

パソコンのスキルが入力程度で問題ない理由と同じです。

 

派遣事務はエクセルで作られた表に売上を入力するようなことはしますが、表をつくることはしません。

 

派遣事務はワードのスキルはもっと不要

 

また、派遣事務はワードのスキルもいりません。

 

ワードとは、文章を作成するパソコンのソフトなのですが、派遣事務はあまり使いません。

 

文章の誤字脱字をチェックするか、文章に書かれた会社名を修正する程度になります。

 

こちらも派遣事務は文章を1から作ることはないので、スキルは不要です。

 

エクセルもワードも実際の派遣の求人票ではこのように書かれています。

 

===実際の求人票===
★大手企業の事務

 

時給♪
1500円

 

ポイント♪
・残業が少なくプライベートな時間を大切にされたい方にオススメ
・駅から近く、仕事帰りにお買い物もできちゃう便利なエリア
・弊社の派遣スタッフの方も大勢就業中です♪

 

必要なパソコンのスキル♪
・Word : 文書作成
・Excel : 表作成
※Word、Excelは入力のみでOKです
===実際の求人票===

 

このようにエクセルやワードは使うけど、パソコンの入力ができればOKという求人が多いんですよ。

 

派遣事務ではパワーポイントを使うことはほとんどない

 

営業事務の派遣ではたまにパワーポイントを使うことはありますが、一般的な派遣事務ではパワーポイントを使うことはほとんどありません。

 

また、パワーポイントを使うとしても、ワードやエクセルと同じようにスキルは不要なので安心してください。

 

派遣事務をやるならMOSや簿記などの資格は要らない

 

派遣事務を未経験からチャレンジするのに資格は全く要りません。

 

ワード、エクセル、パワーポイントといった事務でよく使うソフトの資格であるMOSという資格や簿記の資格などを必須としている派遣事務の仕事はほとんどないからです。

 

もちろん、資格があることでプラスにはなることはありますが、30代で事務未経験で事務にチャレンジするために資格は要りません。

 

「資格をとってから」というのは遠回りになるので避けたほうがよいでしょう。

 

30代で事務未経験でスキルがないとしても、派遣会社に登録することが事務の仕事をはじめるための近道になります。

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ