派遣事務なら未経験でも30代で欲しい給料が貰える

派遣事務なら未経験でも30代で欲しい給料が貰える


 

未経験でも派遣事務なら満足できる給料がもらえる

 

30代になると子供のための将来の学費や何かあったときの貯金、さらには自分のお小遣いでお金がいくらあっても足りませんよね。。。

 

以前はパートをやっていましたが、未経験でもできるお仕事だと時給850円程度で、3年くらい続けても10円くらいしか上がりませんでした。

 

でも、派遣事務なら平均時給が高いので、未経験でも満足いく給料がもらえるんですよ♪

 

派遣事務は未経験でも平均時給1500円以上

 

パートは全国の平均時給で900円程度あります。

 

なかなか時給も上がりにくく、1000円以上を目指すのは非常に大変ですよね。

 

でも、派遣事務未経験平均時給でも1500円以上あるんですよ♪

 

パートで時給1500円のお仕事を探そうとすると夜勤のお仕事くらいしかありませんよね。

 

派遣で事務をするだけで、時給が2倍近く変わってくるなんてお得ですよね。

 

前のパート先のママ友には絶対に言えないです。。。笑

 

〜時給1500円以上の求人数業界No1のテンプスタッフ(登録無料)〜

 

派遣事務を扶養内で働くなら週5日で3時間未満でOK

 

時給が高いということは、何も貯金がいっぱい貯まるというだけではありません。

 

私は扶養内での収入(年間103万円以内)を目標にお金を稼いでいましたが、パートから派遣に変えることで働く時間が短くなったんですよ。

 

パートの平均時給900円で週5日働いてたときは、朝9時から昼過ぎの3時まで毎日働いて扶養いっぱいでした。

 

でも、派遣事務の平均時給1500円で週5日働いてたときは、朝9時から12時の午前中だけで扶養いっぱいもらえたんです。

 

午前中だけなんて、今までパートをやっていた私にとっては夢のようでしたよ!

 

私のママ友の中には派遣事務で朝9時から昼過ぎの3時まで働いて週3日で扶養いっぱいもらってる人もいるんですよ。

 

仕事もプライベートもゆとりが持てますよね。

 

〜主婦に評判の高いのテンプスタッフの登録(無料)〜

 

シングルマザーで子供2人を大学卒にする収入が可能

 

これは私の派遣友達の話になるんですが、シングルで子供2人を大卒にした人もいました。

 

平均時給1500円でフルで働くと月給の手取りは手当も含めて22万円になります。

 

毎月7万円の貯金であれば、全然難しくないというお話でしたよ。

 

上の子が小学1年生の時にはじめて、5年間で子供2人が大学を卒業するまでの学費が貯まったそうです。

 

パートだと夜な夜な働くイメージがあるかもしれませんが、派遣ママ友は9時から夕方5時までのフルで働いてはいましたが残業は一切していませんでした。

 

子供との時間を大切にしながら、大卒まで育てていける派遣っていいなーって思います。

 

時給は高ければ高いほど自分の生活に自由が戻ってきますよね。

 

だから、できるだけ時給の高い求人がたくさんある派遣会社をオススメします。

 

私が登録しているテンプスタッフ時給1500円以上の求人が常に1万件以上あります。

 

できるだけ安定して高い時給をキープしたいならテンプスタッフに登録して派遣をやることがオススメですよ♪

 

〜子供を大卒にできる派遣会社テンプスタッフの登録(無料)〜

 

派遣事務なら未経験でも30代で欲しい給料が貰える

 

 

派遣のマージン率で知っておくべきこと

 

派遣会社で働くうえで、派遣マージン率が気になる方もいると思います。

 

派遣マージン率とは、派遣料金から実際に勤務する労働者の賃金を差し引いた金額の割合を示します。

 

各派遣会社のマージン率比較

 

派遣マージン率は各派遣会社において、情報を求められたら明示するように労働者派遣法で定められいます。

 

派遣料金から実際に勤務する労働者の賃金を差し引いた金額の割合(マージン率)などの情報を公開することを義務化しているんです。

 

また、派遣契約の際には派遣労働者に対して、一人あたりの派遣料金の金額を明示・公開することも同法で定められています。

 

派遣会社で不当な利益を得ること、派遣労働者の賃金を正当な金額で支給できるようにこういった法律が定められているんですね。

 

では、派遣会社のマージン率は実際のところどういう状況なのか見ていきたいと思います。

 

大手派遣会社5社について例をみていきます。

 

リクルートスタッフィングのマージン率

 

リクルートスタッフィングの東京都心部の派遣マージン率:約25.9%

 

アデコのマージン率

 

アデコの東京都心部の派遣マージン率:28.4%

 

テンプスタッフのマージン率

 

テンプスタッフの東京都心部の派遣マージン率:26.2%

 

マンパワーのマージン率

 

マンパワーの東京都心部の派遣マージン率:28.4%

 

スタッフサービスのマージン率

 

スタッフサービスの東京都心部の派遣マージン率:28.9%

 

大手各社の派遣マージン率は約30%で全体の約3割といったところが相場のようです。

 

なので、派遣労働者の賃金はマージン率3割を除いた残り7割が賃金として支払われるといういことになります。

 

実際に支給される金額だけ分かればいいという方も多いと思いますが、派遣料金にはこういったしくみもあることを覚えておくといいでしょう。

 

相場でみると派遣料金の3割が派遣マージン率となっているようですが、マージン率には「社会保険料」「営業利益」「派遣社員の有給休暇費用」「諸経費」が含まれていることを考えると、割と少ない、もしくは妥当なところかと思います。

 

このようにしっかりと情報を公開してもらえると、納得して働くことができるのでいいですね。

 

派遣会社を選ぶ基準にマージン率を入れない

 

しかし、ここで注意したいのは「派遣会社を選ぶ基準にマージン率を入れてはいけない」ということです。

 

あくまで派遣マージン率は支払う賃金を除いた割合になるので、実際に支給される金額に納得できるか、自身の要望に沿っているかを見ることが重要です。

 

「派遣マージン率が低ければその分給与が増える」ということかというと、一概にそういうことではなく、派遣マージン率が低くても賃金が想定より低い場合は派遣マージン率は実際に働く人にとってはあまり重要視しない部分になります。

 

マージン率が高い=時給が低い、というわけではないので、あくまで自分がもらえる給料(時給)、福利厚生の面を重視して選ぶことが大切です。

 

マージン率の公開は労働者派遣法という法律で義務化

 

先ほども少しお話しましたが、派遣マージン率の公開は労働者派遣法という法律で義務づけられています。

 

大手各社においては、インターネット上でも公開されているところが多いですが、公開は必ずしもインターネット上でも行わないといけないわけではなく、「各支店に来ないと公開できない」といった対応を取る場合もあるのだそうです。

 

これは、公開義務をきちんと果たせればOK、ということでもあるので、必ずしもインターネット上でみられないといけないというわけではないんですね。

 

いずれにしても、こういった派遣マージン率が公開されるということは、不当な時給で労働させること、不当な利益を受けることなどを規制する動きの1つであり、派遣マージンの公開を義務づけることはクリーンな労働環境を作るために大切な義務となっています。

 

派遣マージン率の公開義務化も実際は4社に1社程度の公開率

 

派遣マージンは公開が義務化されているにも関わらず、実際に公開されているのは4社に1社程度という実情もあります。

 

全体の20%程度しか公開されていないということですね。

 

各社において様々な事情があるのかもしれませんが、労働者派遣法で公開が義務付けられている以上は、きちんと法律に則って公開されることが望ましいと考えます。

 

法律上ではマージン率の上限に規制はない

 

派遣マージン率には上限はあるのでしょうか。

 

実際には派遣マージン率には上限はないのだそうです。

 

派遣マージン率の公開は義務付けられていますが、上限を定める法律は定められていないので大手派遣会社については30%くらいのところが大半ですが、大きくいうと70%くらいでも法律上では違法性はないといえます。

 

実際の派遣事務の平均時給は高い傾向に

 

実際に働いている人、派遣事務の求人を見たことのある方はご存知かもしれませんが、実は派遣事務の平均時給は高い傾向にあります。

 

派遣マージン率を考えると、実際の賃金より約3割が一人当たりの派遣料金になるので、そう考えると「思っていたより高いんだな」と思う方も多いと思います。

 

では、未経験でも出来る派遣事務の平均時給はどの程度なのでしょうか。

 

大手派遣会社の事務職の平均時給についてみてみると、だいたい1500円前後が相場のようです。

 

未経験でも出来る派遣事務の平均時給

 

では、未経験でも出来る事務職の平均時給についてみてみましょう。

 

ここでは代表的な事務職についてみていきたいと思います。

 

派遣営業事務 平均時給:1495円

 

営業事務は一般事務と業務内容が少し異なる面があり、それは「営業担当者のサポート、顧客との関わりが多い」事務職であることです。

 

商品の受発注や管理、納期管理、請求書や営業関連の資料作成などを主に行います。

 

派遣大学事務 平均時給:1418円

 

大学事務の仕事内容は施設の管理、総務、経理関連の業務がメインで、備品管理や来客・電話応対、郵便物の手配、施設の予約管理などを主に行います。

 

また外国人サポートや留学関連の手続きを行うこともあります。

 

派遣学校事務 平均時給:1418円

 

学校事務の仕事内容は、学校施設の管理、総務、経理関連の業務がメインで、備品管理や来客・電話応対、郵便物の手配、施設の予約管理などを主に行います。

 

生徒と関わることもあるお仕事なので、やりがいを感じることも多いです。

 

派遣OA事務 平均時給:1470円

 

パソコンを使って文書作成などを行う事務のお仕事です。

 

主にOAスキルを活かした事務業務が多く、WordやExcelといったオフィス関連のソフトウェアが得意な方に向いています。

 

もちろん、OA初心者でもできるお仕事の多数あるので、事務系のお仕事をはじめてやりたい人にもおすすめのお仕事ですね。

 

派遣一般事務 平均時給:1379円

 

企業の営業活動における各種資料の作成、パソコンを使ったデータ集計や資料のファイリング、電話やメール対応、来客応対が主な仕事です。

 

企業によっては営業事務や庶務関係の範囲まで任せられることもありますが、業務内容は多岐にわたるのでやりがいを感じる職種です。

 

派遣コールセンター 平均時給:1446円

 

コールセンターの主な業務は、企業における商品やサービスに関するお客様からのお問合せ、注文受付を取り扱う業務を専門に行います。

 

コールセンターは常駐する人数も多く、大規模に運営されていることが多いです。

 

スキルや知識や資格があればできる派遣事務の平均時給

 

事務職といってもどんな事務職かによっても時給は大きく変わってきます。

 

特別なスキルや知識が必要な職種(翻訳・通訳、英文事務、貿易関連など)は一般事務に比べると時給が100円前後アップする傾向にあります。

 

派遣貿易事務 平均時給:1591円

 

商社、メーカーなどの営業活動のなかで、商品の輸出入に関する業務を行います。

 

通関書類作成やつ通関関連の手配、運送便の手配などがあります。

 

派遣英文事務 平均時給:1657円

 

海外企業とのやり取りの多い業種で、英語が得意な方、ビジネス英語のスキルを活かせる仕事です。

 

見積書や納品書の作成、商品の仕様書などのやり取りを英語で行う業務です。

 

派遣金融・銀行事務 平均時給:1460円

 

金融機関での口座開設や入出金窓口の業務、その他電話応対やデータ入力が主な業務内容になります。

 

融資やローンなどの業務まで幅広く関わることもあり、より多くの経験を積みたい方におすすめです。

 

派遣人事事務 平均時給:1545円

 

企業での人事関連の業務を行います。

 

主に、採用関連、給与や社会保険手続きなど、採用から給与に関する大切な部分を取り扱います。

 

年末調整、社会保険、労働保険などの業務にも関わることがあり、人事に関する幅広い知識を得られる職種です。

 

派遣総務事務 平均時給:1545円

 

企業の社内全体をサポートするお仕事です。

 

備品管理や書類のファイリング、株主総会の運営・準備、その他書類作成など、社内行事

 

や社内全体をサポートするアシスタント的な役割を担う業種です。

 

派遣医療事務 平均時給:1130円

 

総合病院や個人病院で患者さんが受診した医療費の計算と受診にきた患者さんのサポートを行うお仕事です。

 

厚生労働所が定めている点数に基づいて医療費を計算する専門性の高い業務です。

 

プログラマーなど事務職以外の平均時給の相場はどのくらいか

 

今までは派遣事務に関する平均時給にみてきましたが、ここでは派遣事務以外の業種についても参考にみていきます。

 

プログラマー 平均時給:2303円

 

IT関連の仕事の代表的なお仕事がプログラマーですが、プログラマーの業務は「プログラム言語」を使ってコンピュータを動かす業務が主な業務です。

 

専用言語のプログラム言語を使ってコンピュータを動かすためのプログラムを組み、さまざまなシステムやソフトウェアを作成します。

 

IT・SE 平均時給:2257円

 

IT・SEのお仕事は、プログラマーが作成するプログラムの仕様書作成・開発・テストを行う職種です。SEとプログラマーは同列として扱われることもあり、そのくらい密接な業務の関わりがある職種といえます。

 

デザイン 平均時給:1742円

 

ここではグラフィックデザイナーを例にして取り上げてみます。

 

デザインのお仕事は画像や文字、色彩などを利用して顧客の要望に沿ったイメージを発信するお仕事です。

 

チラシやポスターなどの媒体やイベントなどにも使われることもあり、とてもやりがいを感じられるお仕事です。

 

通訳・翻訳 平均時給:1920円

 

外国語が得意な方に向いているお仕事で、ある文章を他の言語の表現に変換する業務が翻訳業務になります。

 

一方、通訳は口頭で話した文章をその都度他の言語で表現する業務になります。

 

「書いてある言葉か」「話す言葉か」の違いで職種が変わる分野です。

 

介護・看護師 平均時給:1400円

 

介護のお仕事は主に日常生活で必要な食事・排泄・入浴などを一人で行うことが難しい方のサポートを行うお仕事になります。

 

看護師は主に病院において血圧や体温、脈拍測定、点滴や採血などの治療補助、入院患者さんの健康管理や身の回りのサポートなどを行います。

 

また介護施設で働く「看護助手」については、看護師とは異なり、看護師の助手という位置づけであることから、国家資格が必要ない職種となっています。

 

派遣事務の給料ならシングルマザーでも子供2人を大卒にできる

 

シングルマザーで子供が小さいと何か合ったらすぐに駆けつけなければいけません。

 

風邪などを引いてしまったら、保育園や託児所などでも預かってくれないところがほとんどです。

 

子供のこと第一優先に考えると仕事を優先しなければいけない正社員は厳しいです。

 

パートなら融通は聞くけど、今度は子供を大学卒業させるための学費が稼げるのかというと難しいのが現実です。

 

しかし、派遣社員で事務をやるなら子供を優先しながら大卒にできるんです!

 

大学卒業までに必要な学費と派遣社員で得られる収入をチェックして、安心して派遣事務にチャレンジしましょう♪

 

業界トップの高時給で評判の大手派遣会社テンプスタッフの登録はこちら(無料)

 

子供2人いる場合の生活費は約15万円

 

まずは、子供が2人いる場合の出費について考えましょう。

 

シングルマザーで子供を大学卒業まで育て上げるためには「生活費」と「学費」の2つについて知ることが大切です。
結論から書きますと、シングルマザーで子供2人の3人家族にかかる生活費の平均は15万円です。

 

まずは1ヶ月にかかる生活費15万円の内訳を見てください。

 

家賃 50,000円
光熱費 15,000円
携帯代 10,000円
食費 40,000円
保険料 5,000円
雑費 30,000円

 

この内訳を見れば分かる通り余計なものは入っていませんので、生活費15万円は決して大げさな数字ではありません。

 

保険料というのは生命保険です。もちろん、学資保険などの選択肢もあります。

 

月々5000円の掛け捨ての生命保険に入ると、相場で自分が死亡したときに3000万円の保険金が子供に支払われます。

 

これらの生活費を少し減らせるテクニックもあります。

 

例えば、家賃はシングルマザーになった後に実家に戻ることが出来る人はかかりません。

 

また、公営住宅に住めば家賃は1万円〜3万円などで1LDK〜3LDKなどに住めます。

 

シングルマザーは公営住宅に優先的に入れたり、入れる条件も緩くなります。

 

今は格安スマホなどで携帯代も3000円前後に抑えることも出来ます。

 

いろいろなテクニックはありますが、ここでは平均的な15万円の生活費を前提でお話をします。

 

なお、シングルマザーの保育園の費用も優遇され、年収600万円以上などの高収入出ない限り、無料で利用できます。

 

高校卒業までにかかる学費は230万円

 

次に高校卒業までにかかる費用をご紹介します。

 

まずは、子供1人あたりの学費の内訳を見てください。

 

小学校 入学〜卒業の6年間で60万円。給食費や修学旅行などの全ての雑費込み
中学校 入学〜卒業の3年間で50万円。給食費や修学旅行などの全ての雑費込み
高校 入学〜卒業の3年間で120万円(公立)。入学金や雑費など全て込み
合計 230万円 

※私立高校の場合は3年間で120万円ではなく、320万円。今回は公立を想定。

 

1人の子供を高校卒業させるためには合計で230万円かかります。

 

今回は2人の子供を卒業させることを想定しているので、倍の460万円かかります。

 

参考:子供の学習費調査

 

奨学金のおかげで大学の学費は用意できなくても大丈夫

 

大学の費用に関しては、日本には「奨学金」という特別な制度があるので別枠で考える必要があります。

 

奨学金は年収1000万円を越えるような高所得者でないかぎり、ほとんどの人が大学で勉強するためのお金を借りることが出来ます。

 

高校とちがって公立の大学は国立しか存在せず、国立大学の全てが偏差値の高い学校になっています。

 

そのため、大学に関しては私立大学に入るものとして考える必要があります。

 

私立大学に入学して卒業するために必要は費用の平均は420万円です。

 

1年間で約100万円必要になります。

 

話を戻しますが、奨学金は誰でも月々に最大で12万円借りることができます。年間で最大144万円借りることができます。

 

つまり、奨学金を最大まで借りれば、お金の用意が一切必要ありません。

 

高校さえ卒業させてあげれば、日本では大卒までの学歴を手に入れることができるのです。

 

もちろん、奨学金を借りずに大学を卒業させてあげたいという気持ちはあると思いますが、まずは高校を卒業させるということを1番に考えましょう。

 

派遣事務の平均時給なら残業0分で手取り22万円

 

次に収入の話をします。

 

派遣事務の平均時給は1500円です。パートの平均時給が900円と言われていますので、約1.5倍の時給があります。
この平均時給でフルタイムで働いたら、残業時間0分で月給22万円になります。

 

フルタイムとは土日休みで週に5日、9時から17時まで働いた場合です。

 

実際には社会保険などで色々と引かれて19万円程度になります。

 

その代わり、シングルマザーで子育てしている人への手当が2つあります。

 

児童扶養手当(またの名を母子手当)というものがあり、18歳まで月々2万5000円もらえます。

 

もう一つは児童手当といい、子供1人につき1万円を中学校卒業までもらえます。

 

つまり、手取り22万円になるということです。

 

この22万円という金額が2人の子供を大学卒業まで育てることを可能にするんですね。

 

残業0分でも月に7万円は貯金できる

 

手取り(使えるお金)が22万円あるとどういった使い方になるのでしょうか?

 

まず生活費は15万円かかると上のほうでお伝えしました。

 

つまり、22万円の給料から15万円の生活費を引くと7万円が残ります。

 

これは毎月7万円の給料を貯金できるということです。

 

もし、時給900円のパートをしていた場合、手取りは約16万円になりますので、月々1万円しかできません。

 

子供2人の高校卒業までに必要な費用は5年で貯まる

 

1ヶ月7万円を貯金し続けた場合、高校卒業までの学費を貯めるにはどのくらいかかるのでしょうか?

 

2人の子供が高校卒業までにかかる学費460万円は65ヶ月7万円を貯金すればたまります。

 

5年間半で高校卒業までの学費が貯金できるんですね♪

 

双子の子供が小学校1年生の時から働き始めたとしても、6年生になる前には貯まるんですよ。

 

中学校に入るまでに貯めればいいと少し余裕を持ってあげると、生活費とは別に2人の子供に毎年で14万円の何かを買ってあげたり使ってあげたりすることができるんです♪

 

子供1人の場合は3年で貯まる

 

子供が1人だった場合は派遣事務の給料なら更に余裕をもつことができます。

 

高校卒業までに必要な学費は230万円なので、3年間で貯まる計算になります。

 

小学6年生までには私立高校に行くための費用まで貯まってしまいますよ♪

 

〜派遣社員の約50%が30代子持ちの大手派遣会社テンプスタッフ〜

 

派遣社員の約50%が30代子持ちの大手派遣会社テンプスタッフ

 

事務で働きながら、少しゆとりをもって子供2人を大卒にできる方法

 

子供をシングルマザーで大卒まで育てるには平均時給の派遣事務で働いていれば十分可能です。

 

ただ、せっかく子供と過ごしているので、1年に1回はディズニーランドに連れて行ってあげたい、半年に1回は子供の好きなものを買ってあげたいといった子供にしてあげたい気持ちがあると思います。

 

もちろん、子供だけでなく、1年間に1回は頑張った自分へのご褒美も上げれるくらいのゆとりを持ちたいという気持ちもあると思います。

 

派遣事務なら、給料にゆとりを持った生活を送ることもできるんですよ♪

 

時給アップできる職場にどんどん変えていく

 

派遣事務は未経験OKの職場では時給1500円前後の職場が多いですが、事務経験者ならもう少したかい時給を目指すことが出来ます。

 

派遣事務経験者であれば、時給1600円〜1700円の職場に行くことも難しくありません。

 

未経験OKの職場で3年仕事をしたら、次はもう少しレベルの高いところを目指すのもありです。

 

ちなみに時給1700円で働いた場合には手取りは24万円弱になるので、時給1500円と比べて年間で20万円多く子供に何かしてあげることができますよ♪

 

専門の事務職にキャリアアップしていく

 

派遣事務には専門性をあげることによって、より高い時給の職場に行くことができます。

 

例えば、銀行事務、貿易事務、経理事務などです。

 

銀行事務は言葉とおり、銀行で働く事務になります。事務未経験から働くのは難しいですが、事務経験者であれば働くことができます。

 

平均時給は1600円程度で一般事務よりも100円程度たかい傾向にあります。

 

次に貿易事務ですが、国外との貿易をしている会社の事務になります。外国語に抵抗がなければ積極的にチャレンジしていきたい事務です。

 

銀行事務と同じく平均時給は1600円ですが、派遣先によっては1800円のところも珍しくありません。

 

最後の経理事務ですが、言葉のとおり経理に関する事務です。

 

簿記の資格が必要であることもあって、平均時給は1700円程度です。更に2000円を越える派遣先も珍しくはありません。

 

時間が開いているときに積極的に資格を取得してチャレンジしてみましょう。

 

残業できる職場で働く

 

派遣の平均時給は1500円と高いため、残業時間は更に高くなるのが派遣社員のいいところです。

 

法律上は1日の勤務時間が8時間を越えると残業手当として、基本給に25%アップしなければいけません。

 

時給1500円で働いていた場合は残業手当を加えると時給1875円になります。

 

もし、1日2時間は残業する派遣先だった場合、月22万円に8万円が加わって月給30万円になります。

 

これは時給1500円の場合なので、時給2000円の経理事務で1日残業2時間すると月給35万円もらえることになります。

 

たまに派遣なのにやたら高い給料をもらっている人がいますが、残業をたくさんしているということなんですよ。

 

また、サービス残業などの話を聞きますが、派遣社員にサービス残業はほとんどありません。

 

派遣会社は派遣社員が稼げば稼ぐほど、利益を上げることができる仕組みになっているので、サービス残業などが発生した場合は派遣会社がしっかりと抗議してくれるんですよ。

 

子供が中学生や高校生に上がったら残業のある職場にもチャレンジしてみるといいかもしれませんね。

 

30代の子持ち主婦にぴったりな派遣会社テンプスタッフ

 

実は変わらない?派遣社員と正社員の給料比較

 

派遣社員と正社員ではどのくらい給料がちがうのでしょか?

 

実はあまり変わらない、というのが最近の調査でわかってきたのです。

 

ここでは平均年収や給料の仕組みの違いをご紹介していきます。

 

平均年収の差はわずか30万円

 

派遣社員と正社員では平均年収にどこまで差があるのでしょうか?

 

実は女性の正社員と派遣社員とでは平均年収には30万円程度の差しかないんです。

 

女性の正社員の平均年収は約360万円です。

 

女性の派遣社員の平均年収は約330万円です。

 

今が昔ほど派遣社員の待遇について話題にならなくなったのは、こうして待遇の差がかなり縮まっているからなんですね。

 

加えて、正社員は残業代が全て支払われないのが現状なのですが、派遣社員はほぼ100%残業代が支払われています。

 

更に年収は30万円程度の差しかありませんが、労働時間を見てみると1日3時間も程度の差があるとのことです。

 

子供が小さいうちは扶養内で働くのであまり気にしない人もいると思いますが、子供が大きくなると手間は減りますが学費が高くなってきます。

 

そうしたときに派遣社員のまま、時短で働いていた生活から1日フルに切り替えることによって、正社員とほぼ同じ待遇になることができるのは嬉しいですよね♪

 

手取りから見る派遣社員と正社員の仕組みの違い

 

派遣社員と正社員では平均年収にあまり違いがないことはわかりました。

 

でも、実際に貰える給料(手取り)に正社員と差が出てしまうことがあります。

 

それは交通費の存在です。

 

派遣社員は一般的に給料として交通費を支払われることはありません。

 

そのため、1日片道2000円もかけて職場に行っていたら、自分の手取りはかなり少なくなってしまいます。

 

例えば、1日1000円の交通費を使って職場に行く場合は、定期を購入しても年間に約10万円ほどの交通費がかかってしまいます。

 

これによって、平均年収は30万円程度の差が40万円に広がってしまうわけですね。

 

事務を派遣でやるなら、交通費ができるだけかかわらないところで働く、といことが年収をあげることにもつながっていくんですね。

 

派遣社員で年収300は越えることができる

 

派遣社員は平均年収が約330万円あるので、しっかりとした派遣会社から事務の仕事をすることができれば年収300万円をこえることが出来ます。

 

大手派遣会社のテンプスタッフがおすすめです。

 

テンプスタッフならば未経験でもできる仕事が多いので、事務ですぐに働くことができるので年収300万円を越えるととは簡単にできそうです。

 

派遣社員で年収500万以上目指すにはスキルや残業が必要

 

それでは平均年収500万円を越えるためにはどうすればいいでしょうか?

 

経験をつんで、スキルを上げて、残業をそれなりにする必要があります。

 

未経験OKの仕事でも時給1500円前後の仕事をすることは可能です。

 

しかし、年収500万円以上いきたいのであれば時給は2000円程度欲しいところです。

 

時給2000円の仕事は、経理事務なら見つけるのにさほど苦労はしません。

 

経理になるには簿記の資格を取得する手間がかかってしまいますが、そこまで難しい資格ではありません。

 

時給2000円の仕事につけたら、週5日で1日8時間の残業ゼロではたらくと年収は400万円になります。

 

1日1時間30分残業すると年収は500万円を超えます。

 

1日約9時間の労働を週5で働くと年収は500万円を越えるんですね。

 

ちなみに正社員の平均年収は360万円ですが、1日の平均年収労働時間は10時間だと言われています。

 

ここ最近、派遣社員が増えてくるのも分かる気がしますね♪

 

派遣事務は未経験でも平均時給は1500円以上

 

働いてお金がほしいけど、子供がまだ小さいので出来るだけ子供にも時間を使ってあげたい。

 

だから効率よく事務で稼ぎたいけど、事務は未経験でスキルもないからダメかも。

 

しかし、事務を派遣でやるなら未経験でも平均時給は1500円以上なんですよ!

 

これなら仕事もプライベートも両立できそうです。

 

派遣事務は未経験でも1700円や1800円の仕事もある

 

派遣事務には未経験でも1700円の求人や1800円の求人もあります。

 

こんな高い時給でも実は仕事内容にそこまで差はないんですよ♪

 

例えばこんな求人があります。

 

☆☆実際の求人☆☆

 

残業なし≪未経験OK☆1700円≫大手メーカーで事務

 

【時給】

 

時給 1,700円〜1,700円

 

【仕事内容】

 

大手メーカーでの一般事務
☆産業用センサーや制御機器等を製造・直販してる大手メーカー
◆営業アシスタント業務
◆電話対応
◆PC入力作業(報告書・顧客データなど)
◆郵便物開封・配布

 

【企業からのPRポイント】
事務デビュー応援☆未経験から事務のお仕事にチャレンジできます!
一部上場企業×残業なし
カンタンなPC操作ができればOK☆彡
制服・ロッカーもあるので好きな服を着て出勤できる♪
残業もないのでメリハリつけて働けますよ♪

 

☆実際の求人☆

 

特別高いスキルが必要というわけでもないので、未経験でももちろん応募できますよ。

 

この求人はテンプスタッフで実際に掲載されていた求人です。

 

テンプスタッフは未経験の事務の求人に強いのでこういった案件がたくさんあるんですね。

 

どうせ派遣会社に登録するなら条件の良いお仕事がたくさんある派遣会社に登録しましょう♪

 

平均時給以下の1300円だからといって楽な派遣事務ではない

 

派遣事務が未経験でも高時給がもらえる可能性がある一方で時給1300円のようなお仕事も存在します。

 

そんな時給1300円の時給の派遣事務はいろいろをお仕事がある中でも楽なお仕事なのでしょうか?

 

結論をいうと他のお仕事と変わりません。

 

平均時給1500円のお仕事と比べてもお仕事の量が少ないわけでもないので、楽なお仕事を選びたいから時給を下げて派遣事務のお仕事を探すのはあまり良い選択肢ではありません。

 

派遣事務の相場が高いので、未経験でも高い

 

事務を派遣でやると未経験でもなぜ給料が高いのでしょうか?

 

それは派遣事務は相場が高いからです。

 

株式会社リクルートジョブズという会社が調べた調査では、2017年の派遣の平均時給は1600円前後です。

 

平均時給が1600円を超えているので、未経験でも1500円を超えるんですね。

 

派遣事務に登録するだけで未経験でも時給が1500円を超えるんです。

 

せっかく派遣会社に登録するなら未経験でも時給の高い求人が多いところがイイですよね。

 

大手派遣会社テンプスタッフなら、時給の高い求人数が業界でもトップなんですよ♪

 

 

派遣事務はアルバイトやパートの相場とくらべても高給

 

派遣事務はアルバイトやパートと比べても高給なんです。

 

どうせ働くなら、給料の高いほうが良いですよね♪

 

アルバイトやパートの時給は平均時給は1000円ちょっと

 

派遣事務の平均時給は約1600円です。

 

同じく派遣の平均時給を調べている株式会社リクルートジョブズによると2017年のアルバイト・パートの平均時給は1000円前後です。

 

未経験で事務をやる場合は派遣事務と同じように100円ほど時給に差が出るので、時給900円程度になります。

 

同じ事務で働くのにアルバイト・パートと派遣では600円も平均時給が違うんですね!

 

扶養内(103万)で稼ぐには週3でアルバイトをすると1日約8時間必要

 

扶養内で給料を収めたい場合でも、時給が多いとたくさん働かなくてはいけません。

 

アルバイトの平均時給1000円で週3日で働こうと思うと何時間働く必要があるのでしょうか?

 

週3日で扶養内の103万円に行くためには1日約7時間働くことが必要です。

 

朝9時から17時過ぎまで働かなくてはいけません。

 

派遣事務なら週3勤務で1日5時間でよい

 

派遣事務が未経験の平均時給1500円の場合はどうでしょうか?

 

扶養内103万円で収めるためには週3日で1日約4時間40分で足ります。

 

9時に出勤して15時前には帰れる計算ですね。

 

もちろん、週4日で働いたら1日3時間30分で足りるので、9時から働いたら1時前には帰ってこれますよ♪

 

時給が高ければ高いほど、働く時間を短くすることが出来ます。

 

大手派遣会社のテンプスタッフは給料の高い求人が多いことで評判ですよ♪

 

時給1000円だと、1日8時間フルに働いても月給15万いかない

 

もし、アルバイトの平均時給1000円で1ヶ月フルに働いた場合はいくら稼げるのでしょうか?

 

土日祝日休みで働くと1ヶ月は21日前後です。

 

これを1日8時間フルで働いた場合、月給は16万円になります。

 

時給1500円の派遣事務なら月給25万円を超える

 

これが派遣の時給1500円の場合はどうでしょうか?

 

同じく土日祝日休みで1ヶ月21日だとすると、1日8時間で月給は25万円です。

 

アルバイトとくらべて1ヶ月10万円も違ってきてしまうんですね。

 

数百円の差も1ヶ月立つと大きく変わってきてしまいます。

 

なので派遣でも出来るだけ時給の高い求人を紹介してもらえる派遣会社に登録しましょう。

 

大手派遣会社のテンプスタッフなら未経験OKの事務でも給料が高いことで評判ですよ♪

 

 

派遣事務の手取りはいくらになるの?

 

給料が高いのは分かったけど、扶養を超えた場合は税金がかかってきます。

 

派遣事務の平均時給の1500円でフルで働いた場合で考えてみましょう♪

 

総支給額25万円の場合は約21万円ちょっと

 

派遣事務の平均時給の1500円でフルに働いた場合は月の総支給額は25万円になります。

 

その場合の手取りの給料は約21万円ちょっとになります。

 

厚生年金、健康保険、雇用保険、所得税が引かれる

 

25万円から引かれる4万円はなんでしょうか?

 

厚生年金、健康保険、雇用保険、所得税(住民税)が引かれます。

 

これは派遣という働き方だけでなく、アルバイトでも正社員でも同じように引かれるんです。

 

扶養内であれば、ほぼ満額で貰える

 

ただし、扶養内(103万円)であれば、これらの税金は引かれません。

 

派遣では扶養内の働き方もできるので30代に人気があるんですね♪

 

関連記事:[派遣事務が未経験]30代でも安心して働けるワケ

 

派遣事務にはボーナスがない

 

派遣事務にはボーナスはありません。

 

もちろん、正社員以外のアルバイト・パートもボーナスはありません。

 

派遣事務は交通費が支給されない分、未経験でも時給が高い

 

派遣事務で唯一、アルバイトやパートと比べるとマイナスに見える特徴が交通費です。
アルバイトやパートは基本的には職場に出勤するまでの交通費は支給されます。

 

しかし、派遣事務で交通費を支給されることはほとんどありません。

 

ただ、アルバイトやパートと派遣を比べると給料が1.5倍以上の差があるので1日2時間以上働くのであれば、給料的には気になる所ではありません。

 

また、最近は大手派遣会社は全国に支店があるので、どこでも派遣事務ができるのが現状です。

 

今は家の近くでも派遣事務ができるので、交通費も気にならなくなっている時代です。

 

ボーナスや税金関係はアルバイト、パート、派遣で実は同じ

 

ボーナスがない、税金が引かれるのは派遣だけでなく、アルバイト・パートと同じです。

 

なので、派遣という働き方は不利なんてことはないんですよ♪

 

派遣事務には日払いや週払いもある

 

派遣事務にも派遣先によっては日払いが可能な派遣会社や週払いが可能な派遣会社もあります。

 

ただ、大手派遣会社のほとんどは月払いを採用しています。

 

同じ派遣でも日払いや週払いは製造業などを中心とした派遣会社で採用されていることが多いです。

 

今は日払いや週払いを実現してくれるキャッシングなどもあるので、給料日に拘る必要もないんですよ♪

 

また、大手派遣会社の中では派遣社員を対象にして、お金を貸してくれる制度もあるんですよ。

 

時給のベースが高い派遣事務を選ぼう

 

アルバイト・パートと派遣は税金関係やボーナスがないのも同じです。

 

そうであれば、平均時給が600円も高い派遣で働くほうがお得ですよね♪

 

また、同じ派遣でも派遣会社によって紹介してもらえる仕事が違います。

 

派遣会社のテンプスタッフは未経験でも時給の高い事務のお仕事を紹介してもらえます。

 

どうせ働くなら時給を100円でも200円でも高い仕事で効率よく稼ぎたいですよね♪

 

 

参考:人事院

 

ホーム RSS購読 サイトマップ