派遣事務なら正社員になりやすい

派遣事務なら正社員になりやすい

派遣から正社員になった人が増えているワケ

 

未経験の業種でも「まずは派遣社員として」という雇用形態で経験を積み、その後正社員として同じ業種に就職する、という形を取る人が、最近とても多いようです。

 

派遣社員として働くメリットとしては、「未経験の業種でも仕事を見つけやすい」「2~3年ほど経験を積んでから次のステップへと行ける」といった面もありますが、実は「派遣社員として働いた後、企業の採用ステップの1つとして正社員登用制度がある」ということも大きなメリットがあります。

 

こういった派遣社員として働く「大きなメリット」を生かして、派遣社員から正社員になったという方はとても多くなっているんですね。

 

正社員になるためには「書類選考」「面接」の通過が必要

 

だいたいの企業では、正社員採用試験で履歴書や職務経歴書をもとにした「書類選考」そして、直接会って志望動機や経歴などを聞く「面接」のステップが設けられています。

 

正社員になるためには、この2つのステップをクリアしなければなりません。
面接は一次面接だけでなく、採用枠によって二次面接、三次面接・・・と、多くのステップを踏まないと内定をもらえないということもあります。

 

自分でハローワークや求人サイトを見て、このステップをクリアしていくことで正社員として働く選択肢も1つですが、派遣社員としてまず経験を積むという方法を取ることで、企業側も「働きぶり」を見ることができますし、働く側も「経験を積む」ということができるので、両方が「正社員」として採用するための見極めができます。

 

そういったことから、派遣社員から正社員への道を通ることで、正社員試験に受かりやすいというメリットがあります。

 

派遣社員から正社員になるための道は3つある

 

では、派遣社員から正社員になるにはどのようなルートがあるかというと、それは大きくわけて3つあると考えられます。

 

1つ目は、先ほども少し触れた「正社員登用制度」がある企業で派遣社員として働くということです。
求人情報を見てみると、正社員のような正規雇用の場合でなくても、「正社員登用制度あり」といった言葉が記入されていることもあります。

 

こういったシステムを利用するのも正社員への道の1つといえます。

 

2つ目は「紹介予定派遣」というルートで、正社員になることを前提として一定期間(最長6か月)派遣社員として働いた後、企業と本人の間で合意が得られれば正社員として採用されるというシステムの形態です。

 

この場合、合意のみで採用になるケースや、別途書類選考や面接、筆記試験といったプロセスを設けている場合もあるので、一概にはいえませんが、日ごろの働きぶりも加味されることを考えると、有利であるといえます。

 

3つ目は派遣会社から契約社員として働くケースで、契約社員として働いている中で契約期間が終了する頃に「ぜひうちの会社で働いてほしい」という声がかかり、その後も正社員として働くことができる、といったこともあります。

 

こういった流れで、契約社員の期間を経て正社員の道を進んだという方も多いようです。

 

書類選考を落ちてしまう人にもチャンスはある!

 

中には「書類選考で通らない」「書類選考なしって書いてあったけど通らなかった」という経験をしたことのある方も多いと思います。

 

書類選考に通らないと不安になったり、「何が悪いのかな」とちょっと自己嫌悪に陥ってしまうこともありますが、書類選考で落ちてしまうのにはいろいろな事情があるので、暗に落ち込む必要はありません。

 

例えば、派遣社員として働いてもらいたいけど、企業側は育成する期間を踏まえて年齢制限がある場合もあり、そういった場合には残念ながら落とされてしまうこともあります。

 

また、企業側が求める人材と派遣会社側が求めている人材に差がある場合にも書類選考段階で落とされてしまうこともあります。

 

こういった理由で受からないこともありますが、どちらの場合でもチャンスはたくさんあるので落ち込まずに臨んでいきましょう。

 

派遣事務だったのに正社員として引き抜きされる

 

初めは派遣社員として雇用したけど、スキルや働きぶりを見て正社員へのオファーが来るということもよくあるのだそうです。

 

「まずは経験を積んでから正社員を目指そう」という方には、嬉しいプロセスですね。

 

企業は、有力な人材にぜひ続けて働いてほしいと思っているので、派遣社員として働いている間に、スキルの高さや活躍ぶりを見て正社員へスカウトしてくるケースもあります。

 

派遣の契約期間が終わっても「正社員」へスカウトされることも

 

派遣契約が終わった後も、「このまま働き続けてほしい」と派遣契約から正社員雇用へとスカウトされることもあります。

 

この場合、仕事のスキルが高い、未経験だったけど資格取得や業務に懸命に取り組む姿が評価された、など、さまざまな理由がありますが、このように企業側から高い評価を受けると正社員へのオファーが来ることもあります。

 

派遣社員の雇用期間は「3年」以降も働いてほしい場合は「正社員」として採用も

 

派遣社員の雇用期間が決まっていることはご存知でしょうか。
派遣社員として企業先で働くことができるのは「3年」と定められているので、派遣先の仕事になれて「このまま続けたい」と思っても、3年経過したらその職場を離れることになります。

 

こういった場合、企業側から「3年目からも働いてほしい」といった要望があると派遣という雇用形態から正社員という直接雇用へと繋がる可能性もあります。

 

派遣社員から正社員に雇用される確率は、高いスキルや資格取得や業務貢献度合いにもよるので、高く確立ではないようですが、まずは3年間しっかり経験を積んで努力の成果を企業側にアピールすることも大切なポイントですね。

 

派遣契約から正社員になることに違法性はない

 

ここでは企業側ではなく派遣元の派遣会社からの目線になりますが、もし派遣社員から正社員へと雇用形態が変わる場合、派遣会社は自社から「有力な人材」を失うことになります。

 

そういったことから、派遣元の社員が派遣先で正社員になる際に、紹介料を請求することもあります。

 

法律上では、派遣契約から正社員になることを禁止するようなことや、そういった契約を会社同士で行うことは禁止されていますが、派遣契約から正社員になることに違法性はありません。

 

しかし、派遣社員から正社員になるためには企業が派遣元に紹介料を支払わなければならないといった制約がある場合もあり、こういったことが壁になることもあります。

 

本人が支払うものではありませんが、ここで紹介料の相場をご紹介すると、本人の年収の25~30%程度になるようです。

 

ですので、簡単に年収200万円の人を正社員雇用にする場合は、50万円~60万円が相場だということになります。

 

紹介予定派遣という形で派遣事務から正社員へ

 

派遣社員として働く形態の中に「紹介予定派遣」という言葉を聞いたことがある方も多いと思います。

 

紹介予定派遣は、先ほどもご説明したとおり、最長6か月の派遣期間を経て正社員雇用へと変わる派遣形態です。

 

正社員の試用期間は一般的には約3か月程度となっていますが、紹介予定派遣では派遣期間を6か月とし、双方の合意のもと正社員となることができるので、そのように考えると派遣期間は一般的な試用期間と考えることもできますね。

 

正社員採用を前提に派遣する形態「紹介予定派遣」

 

ここでは本人と派遣先企業側双方の合意が必要になりますが、今まで高校・短大・大学卒業後、既卒で正社員としての就職ができなかった人、新しい業種で経験を積みたい第二新卒の人、転職活動をしていたけどなかなか正社員として採用されない、といった方に向いています。

 

紹介予定派遣のメリットとして、正社員になることを前提として派遣されるということになるので、その後正社員として雇用される確率が高いといえます。

 

特に働きながら転職活動をするといった場合は、時間や労力がとても大きくなるので、派遣社員から正社員として働くための転職活動をする、といった選択肢も1つですね。

 

試用期間として企業側が紹介予定派遣を利用する場合もあるので採用に繋がりやすい

 

企業が採用を行うと、その分採用にかける時間や予算など企業側の負担も大きいですが、紹介予定派遣という形で派遣社員として働いてもらうことで、求めるスキルに合った人を企業側が「少し長めの試用期間」として正社員雇用を検討できるといった面もあります。

 

そういったこともあり、大手企業でも紹介予定派遣を利用して正社員雇用を進めているところもあるため、「大手企業で働きたい」と思っている方にはチャンスになることもあります。

 

また、一般的な派遣社員と異なり最長でも6か月で正社員として採用される可能性があるので、自分で求人情報を探して、応募してというプロセスよりも割と早い時期に正社員として働くことができるので、こういった点も紹介予定派遣の大きなメリットになります。

 

紹介予定派遣は「面接」が必須

 

一般的な派遣社員としての雇用の場合、採用試験で行われるような面接は行われない、もしくは簡単なもので済まされることも多いですが、紹介予定派遣はあくまで「正社員雇用を見越して」の採用となることから、面接のプロセスがあります。

 

この面接は派遣社員から正社員へ登用されることを想定しているため、正社員採用試験と同じレベルの面接が行われると想定しておくといいでしょう。

 

履歴書の記入はもちろん、どうしてこの会社を選んだのかといった志望動機、前職がある場合は職務経歴をきちんと伝えられるようにしておきたいですね。

 

また、ここで「最後に質問はありますか?」といった企業側の質問にも応えられるようにしておくと、より意欲をアピールすることができ、採用担当者の印象も良くなる傾向にあります。

 

「おおよその1日の業務の流れについて」
「業務の繁忙期はいつか?」
「事前に習得しておくといいこと」

 

など、業務に関連すること、職場の環境や雰囲気について簡単に質問をしてみるといいでしょう。

 

正社員を狙いやすい派遣の職種をご紹介

 

正社員として採用されやすい職種にはどんなものがあるのか知りたい!という方も多いと思います。
派遣社員から正社員へと採用してもらえる企業はいろんな職種でありますが、ここでは女性も多いお仕事を2つご紹介します。

 

派遣から正社員へ「営業事務」

 

営業事務とは、一般事務と少し異なり「営業担当者のサポート」が主な業務になります。
営業担当者が必要とする書類の作成や電話応対、顧客管理などを行う職種です。

 

見積書や請求書、月次報告といった会議に必要な書類、顧客からの電話応対やスケジュール管理まで行うこともあります。

 

一般事務は社内に関する業務が多いですが、営業事務は顧客との関わることも多い職種です。

 

こういった業務を派遣期間にしっかりと行い、信頼を得ることで正社員へと登用される可能性が高まります。

 

派遣から正社員へ「貿易事務」

 

貿易事務の業務は、貿易に関わるお仕事のため、海外との関わりの大きい職種になります。
そういったこともあり、英語力を求められることもあります。
輸出入に関する商品の受発注、納期やスケジュール確認、通関書類の作成や確認、輸送の予約から利益計算まで多岐にわたる業務を行います。

 

英語力があり、海外でのお買い物や海外からの商品購入などに慣れている方、知識のある方にはとても向いている職種といえます。

 

事務といっても業務は多岐にわたり、本人に求められるスキルも高い職種ですが、派遣期間に管理能力の高さ、スキル、未経験でも積極的に業務に関わるようにすると、正社員へと採用される可能性が高まります。

 

無期雇用(転換)で正社員同様の働き方が派遣事務でできる

 

同じ派遣会社で5年間働くと無期雇用に転換することが出来ます。
無期雇用についてまとめました。

 

同じ派遣会社で5年働くと無期雇用に転換することが出来る

 

無期雇用とは、派遣されている時も派遣されていないときも給料が入ってくる正社員化された雇用制度を言います。

 

5年間働いたうえで無期雇用を申し込むと必ず、派遣会社は登用しなければいけないと法律で義務付けられています。

 

スキルや経験は関係なしに無期雇用で安定した働き方をすることができる

 

スキルがなく、未経験の状態からでも無期雇用に転換して、安定した働き方をすることが出来ます。

 

働きながらスキルアップを目指すことが出来るのは、派遣社員ならではの魅力ですね。

 

例えば、テンプスタッフならミラエールという制度があるんです。

 

ここなら未経験でも無期で働けるし安定する働き方ができるんですよ。

 

派遣事務は正社員を目指すことができる

 

「正社員を目指したいけど、事務の経験もスキルもないから採用されない」
「お金がはないからすぐに働きたいけど、正社員も目指したい」

 

事務は人気があるので正社員ではなかなか仕事がありませんでした。

 

しかし、派遣事務なら正社員を目指せることもできるんです!

 

入り口を派遣にすることで事務は正社員になれる可能性が上がるんですよ。

 

派遣事務には正社員前提で働ける紹介予定派遣という働き方がある

 

派遣には紹介予定派遣という働き方があります。

 

最長で3ヶ月を派遣として働いた後にそのまま正社員になれるという制度です。

 

正社員の就職活動をしていたときは、経験やスキルがないから面接にも行けなかったことも多々ありました。

 

しかし、紹介予定派遣は派遣社員の働きをある程度みてから正社員として採用できます。

 

そのため「とりあえず働いてみてもらう」というように思ってもらえるんです。

 

これなら正社員になれるチャンスが増えますよね。

 

正社員を目指したいという考えがあるなら紹介予定派遣が多い派遣会社を選びましょう。

 

テンプスタッフには紹介予定派遣の求人も業界でトップクラスですよ♪

 

派遣事務として3年働いた場合はそのまま正社員になれる

 

派遣社員は同じ職場で3年間働き続けた場合、そのまま正社員になることもできます。

 

派遣会社も職場も積極的に正社員雇用しなければいけない法律ができたからです。

 

アルバイトやパート、更には契約社員と比べると正社員になるための法律も整っているんですね。

 

また、3年間働き続けるときに大切なのは働いているだけではありません。

 

派遣会社と派遣先の信頼関係も大切です。

 

大手派遣会社のテンプスタッフなら派遣先からの評判も高いので安心ですね♪

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ